閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 社員研修を改革しよう
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  2. コミュニケーションで大事なこと
  3. 組織にネットワークの力を!!
  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  6. 人事評価を有効なものにするためには
  7. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  8. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  9. 褒めて部下を成長させるコツ
  10. 教えて!『マネジメント能力』とは何?
閉じる

人財ラボ

みなさんの企業では人事の評価法について「絶対評価」と「相対評価」のどちらを取り入れているでしょうか。従来は相対評価をする企業が多かったのですが、この評価方法では、仮に全員が頑張ってもC評価やD評価(5段階評価法で)など低めの評価を付けられる…

今や多くの企業が現場主義を掲げています。現場を重視しすぎるあまり、「新人の育成も現場に放り込んでしまえば何とかなる」と考える経営者も出てきました。しかし、このような方法は必ずしもうまくいっているとは言えません。安易に現場に入れるとつぶれ…

企業の成長過程において、優れた人材の確保が必要なことは言うまでもありません。しかし現実は企業の思いとは程遠く、早期退職者や離職といった問題を抱え、経営者は日々苦悩しています。もちろん社員研修や人材育成も行っているのですが、即戦力とは…

何かをやる上で必要な目標設定ですが、当然企業内の人材育成においても必要な要素となります。しかし、その目標が組織の中で生かされなければ何の意味もなしません。そのために用いられるのが「目標管理制度」ですが、実際うまく機能している企業は少ないよう…

人事評価制度を実施する理由は主に二つです。賃金を決めるためでもあるのですが、それだけではありません。社員を育てて経営目標を達成するためでもあるのです。そのためには賃金を上げることが必ずしも効果的でないこともありうるのです。求める人材像を…

日本の労働者数が減っていく中、従業員一人ひとりの業務を効率化して労働の生産性を上げていくべきだ、という声がよく聞かれます。しかし、これは簡単なことではありません。特にサービス業については何をもって「生産性が上がったのか」と言うのかが難しいで…

自分の店の良さを単に羅列しただけの広告ではなかなか人の心がつかめません。そこで近年、「物語の力」に注目が集まっています。通りを歩けばあちらこちらに美容院がある現在、この物語の力を活かさない手はありません。安易な値下げに頼らず客に価値を伝…

コミュニケーションで誤解が生じてしまうことは多くの人が経験していることでしょう。身近な人であってもトラブルを招いてしまうことはあります。様々な人がいる職場であればなおのことです。同僚や上司、部下にうまく言葉が伝わらなかったことがあるのではな…

研修が始まる前には、事前準備の必要性があります。実施における準備や段取りにはどのようなものがあるのでしょうか?失敗に終わらないためにも、入念な計画とチェックは欠かせません。そのポイントを整理してみましょう。事前に何を行えばいいのか…

どの企業においても行われる人材研修・教育ですが、その目的は社員のスキルアップ、企業の業績アップのための人材づくりにあります。しかし、現在その研修が効果的に行われているのかと言えば、少し疑問が残ります。企業の一方的な研修になっていないか、また…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る