閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

カテゴリー:非正規雇用の課題

日本では非正規雇用者が年々増えています。年収が200万円以下も珍しくありません。100万円以下の場合さえあります。正社員の年収が400万円前後であることを考えると、非正規雇用を選択することは金銭面だけを考えると大きな損と言えます。みんな…

非正規社員が労働組合に加入することは、世間的に認められていることです。にも関わらず、最近行われた聞き取り調査では、労働組合加入率が2割を下回っており、パートタイマー社員はわずか5%という現状です。しかし、労働組合の必要性に関する調査では正規…

日本は経済大国としてかつてはジャパンアズナンバーワンと言われた時代もありました。しかし現在は失われた20年として経済成長が滞っています。そのような中、雇用者に占める非正規雇用者の割合は年々増え続けています。初めはそれほどでもなかった違い…

教育・労働にはまだまだ格差が残っています。格差を縮めないと、これからもその差は広がる一方です。そのためには定着を防ぐ方法や格差の洗い直し、どう格差を定義するかなど、様々な課題が残されています。特に問題になるのは、非正規雇用をめぐる格差です。…

近年の日本は派遣社員で働く人が増えています。ですが正社員で働く場合と比較すれば大きな違いがあり、デメリットも存在します。それにもかかわらず派遣社員として働く理由は何でしょうか。正社員になれなかったから現在、派遣社員であっても正社員を…

ここ最近のニュースを見ていると、「アベノミクスは失敗か」とか「若者の非正規雇用が増加」という見出しが多いように思えます。しかし、経済や雇用の事情を正確に把握するのは簡単なことではありません。裏にはメディアの操作があり、「間違った情報」が入っ…

バブル崩壊後、日本では雇用形態が大きく変わり、『派遣』と言う職業が増えました。それまでアルバイトやパートと言ったものはありましたが、派遣という形態はなかったのです。その派遣でも、最初は専門的な職種が対象となっていましたが、今では一般労働の分…

現在の日本は労働者における非正規雇用の割合が40%を超えています。30年前が15%程度だったことを考えると、大幅に増加したといえまるでしょう。また「働き方改革」を実施する今、非正規労働者も正社員と同等の仕事内容・勤務時間が求められていま…

男女雇用機会均等法が施行されて30年が過ぎました。それまでの日本は「男性中心社会」と言えるものでしたが、徐々に「女性が活躍する社会」に変わってきています。しかしまだまだ過渡期と言わざるを得ず、女性の就労状況は依然男性との差が見られます。…

非正規社員が増加する中、正社員との“格差”が問題になっています。「働き方改革」や「同一労働同一賃金」など様々な政策が提言されていますが、一体どうすれば格差は縮小するのでしょうか?ボーナスを与えても効果なし最近は「同じ仕事をしてい…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る