閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

カテゴリー:育成

どの企業においても行われる人材研修・教育ですが、その目的は社員のスキルアップ、企業の業績アップのための人材づくりにあります。しかし、現在その研修が効果的に行われているのかと言えば、少し疑問が残ります。企業の一方的な研修になっていないか、また…

社員に活躍してもらうために多くの企業では人材育成が行われています。しかし、それは手段であって目的ではないので企業は必ずしも社員を成長させる必要性はないのです。とはいえ、多くの企業にとって人材育成は経営課題です。成長や業績のアップを目指す企業…

新しい時代の営業職はコミュニケーションを通じて育てなければいけません。「商談コミュニケーション」能力や「対人対応力」などが営業職に望まれます。上司の皆様にお願いしたいのは、セミナーなどでそのような能力を磨いた若手社員に、研修でインプットした…

OJTは職場で教育をするときの基本です。多くの企業で実施している教育方法ですが、現場丸投げで実際に機能していないこともあるのです。場当たり的な教育は本来OJTではありません。教育をおろそかにすると最終的には業績に悪影響が出ることは避けられま…

企業内で昇進の話は避けて通れません。役職を目指したい部下、責任が重くなるのを嫌がる部下と反応は様々です。部下が野心をもつと上司としても嬉しいものです。成長に関わるのが自分の喜びでもあると言えます。良い仕事に巡り合って、イキイキと昇進…

「人財」という言葉どおり、企業にとって社員は財産です。中小企業にとって社員をいかすも殺すもトップの影響は大きいのです。我が社の社員はと嘆く社長に限って人財を上手くいかせていません。そこで中小企業の経営者たちが人財をいかす方法を3つご紹介しま…

ある統計によると、新任マネージャーの約3割が自身の業務に行き詰まりを感じているようです。原因は、これまでの上司から指示を受けて業務をこなす立場から、部下に指示を与えて部署をまとめる立場に変わったことへの戸惑だと考えられます。今回はマネージャ…

みなさんはプログラマーといえばどんなイメージを持ちますか?技術者で無口だと思う方が多いでしょう。しかしインフラシステムやソフトウェアに携わるこの会社は、コミュニケーション能力を高める研修に力を入れています。一体どんな研修をしているのでしょう…

経済産業省の発表資料によると、IT産業は2020年には36.9万人、2030年には78.9万人の人材が不足すると見込まれています。人手不足のためどうしても少数でやらざるを得ない側面があります。そのため新人であってもできる限り早く成長し活躍し…

1987年頃から2004年頃まで施行された「ゆとり教育」を受けた世代の人は、会社に入って周囲の環境に馴染まない傾向があります。そして、それ以前の教育を受けた社員から数々の批判にさらされています。そのせいで会社を短期間で辞めるなど、深刻な問題…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る