閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

カテゴリー:育成

最近仕事がAIに奪われてしまい、なくなっていく職があると言われています。昔は大したことはなかったのですが、今やAIが人間に取って代わる時代が来るとまで言われています。ただメディアに流されていませんか?本当に人工知能だけで仕事は進んで…

人材育成に悩んでいませんか。「部下がまったく育たずどうしていいかわからない」「指示を待っているだけで自分から動かない」このようなことで困っている人は多いのではないでしょうか。人材育成に関しては良書も数多く出ています。そこでオススメの本を紹介…

人材育成は、企業にとっては経営に重要な要素です。当たり前の事ですが、人材を育てるためには社員教育が欠かせず、それには2種類あります。それがOJTとOFF-JTです。しかしこれらの方法には一長一短があり、どちらも完璧な教育方法ではあり…

OJTとは、「仕事は経験から学ぶ」という事から由来しています。よく行われる社員育成の手法として、現場の仕事を通して人材を育成します。しかし、人材育成の為のOJTであるはずが、現実には先輩や上司の指導方法・方針・実務経験にムラがあるた…

社員研修にはOJTやコーチングなど様々なものがあります。職種や階層によっても変わります。人材育成に苦労している企業も多いのではないでしょうか。そこで今回は若手社員、中堅社員、管理職でどのような社員研修を行うべきなのかを見ていきたいと思います…

人材育成においてOJTとOffjtはもっともよく使われる手法です。この二つの方法を効果的に運用することによって、単体で実施したときよりも効果を上げることができるのです。それぞれの違いを把握し上手に運用することが大切です。OJTとはどうい…

職場では厳しく叱ると意欲をなくしたり、パワハラと言われることもあります。そうした中で当たり障りのない言葉を掛けたり、適当にやり過ごす人も出てきました。このような状況は部下の成長を阻害します。そこで近年は褒めることの効用が語られるようになって…

今や多くの企業が現場主義を掲げています。現場を重視しすぎるあまり、「新人の育成も現場に放り込んでしまえば何とかなる」と考える経営者も出てきました。しかし、このような方法は必ずしもうまくいっているとは言えません。安易に現場に入れるとつぶれ…

何かをやる上で必要な目標設定ですが、当然企業内の人材育成においても必要な要素となります。しかし、その目標が組織の中で生かされなければ何の意味もなしません。そのために用いられるのが「目標管理制度」ですが、実際うまく機能している企業は少ないよう…

人事評価制度を実施する理由は主に二つです。賃金を決めるためでもあるのですが、それだけではありません。社員を育てて経営目標を達成するためでもあるのです。そのためには賃金を上げることが必ずしも効果的でないこともありうるのです。求める人材像を…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る