閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

カテゴリー:新卒社員

OJTとは、「仕事は経験から学ぶ」という事から由来しています。よく行われる社員育成の手法として、現場の仕事を通して人材を育成します。しかし、人材育成の為のOJTであるはずが、現実には先輩や上司の指導方法・方針・実務経験にムラがあるた…

今や多くの企業が現場主義を掲げています。現場を重視しすぎるあまり、「新人の育成も現場に放り込んでしまえば何とかなる」と考える経営者も出てきました。しかし、このような方法は必ずしもうまくいっているとは言えません。安易に現場に入れるとつぶれ…

欧米では新卒一括採用がなく、通年採用が一般的です。新卒一括採用には様々な問題点も指摘されています。その年に入社できるかどうかは景気が大きく関わり、学業にも悪影響があります。それにもかかわらず未だに続けられているのは優れた点があるからなのです…

新卒社員でも中途採用の社員でも、人間関係の構築は面接時から始まっているのです。安心し、信頼できる良い企業であるとの認識を持ってもらうためにも、細かな気遣いが必要となります。小さな問題と思わずに、些細なことから始まって、もっと大きな問題にまで…

課長には課長の、係長には係長の、また一般の従業員にはそれに応じた人材教育が必要となってきます。多くの研修を取り入れるとそれだけ重複した講義を受けることにもなり、効率が悪くなります。また、管理職への講習での部下の育成というものにも他の講義内容…

もうすぐ4月。辛かった就職活動を乗り切った新入社員がたくさん入ってきます。そんな新入社員に早く研修をし、会社の戦力になってほしいと思われることでしょう。しかし、研修が必ずしも上手くいくとは限らないのではないでしょうか。特に最近の…

寒い日が続きますが、あと1ヶ月で新年度を迎えます。「ピカピカの1年生」が数多く入社してきますが、新入社員への教育が思うように出来ていないという企業が多いのではないでしょうか。「アベノミクス」によって、大企業は利益率が上がったので教育に費…

日本では新入社員のおよそ3割が3年以内に退職すると言われています。主な理由として「仕事が大変だから」や「待遇が良くない」といったものが挙げられます。これらの理由を見ると社員に問題があるという事になりますが、果たして責任は彼らだけにあるの…

オリンピックなどを見ると最近の10代、20代の青年層の活躍が目立ちます。オリンピックだけではなくスポーツ界全体が若さにあふれ、「ゆとり世代」などと言われていた「教育に時間が割かれなかった世代」ということなんて忘れてしまいます。…

皆さんは入社したての社員や2,3年目の社員の教育に苦労されていませんか?上司との年齢差や若者の独特の価値観などが育成を難しくしていることでしょう。そこで今回は「いかにして新人・若手社員を優秀な社員に育てるか」について考えてみます。理想が…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る