閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. リーダーシップは引っ張っていくだけで良いものなのか?
  2. 職場でのストレスを減らすためには
  3. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  4. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  5. コミュニケーションで大事なこと
  6. 組織にネットワークの力を!!
  7. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  8. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  9. 人事評価を有効なものにするためには
  10. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
閉じる

人財ラボ

カテゴリー:人事考課

『オンリーワン』という言葉が世間に溢れています。みんなと一緒ではないオリジナルの物には、確かに特別感はありますよね。これが、人事評価にも当てはまるのをご存知ですか?「人事評価のオンリーワン?」と聞いてもいまいちピンと来ないと思いますが、いく…

社員が不満を抱えたり離職率の高い会社は概ね人事評価制度がうまく機能していません。会社の業績を上げるためにも人事評価制度を適正に運営していくことが必要です。そこでどうすれば十分機能するのかポイントを3つ上げたいと思います。人を認め成長…

社員が生きがいをもって仕事をするには、人事評価制度をお給料の決定をするためにだけ使ってはいけません。経営計画との連動で、社員を正しく評価しましょう。ビジョンを明確に定めた経営計画があれば、自ずと正しい評価制度になってきます。この制度を活…

「人事評価の5原則」というものがあります。「評価責任の自覚」「評価基準の遵守」「評価基準の明確化」「評価基準の理解」「公正な評価」以上の5原則を守って、評価する方される方双方の納得がいく人事評価が行われるべきです。評価が上手くいくと…

企業がある程度成長すると、社員を評価するために人事評価制度が不可欠になってきます。人が人を評価するのですから、全ての人が納得する制度を作ることは難しく、運用の仕方次第では不満の温床にもなります。しかし、人事評価制度には重要な役割があるの…

社員の中にも色々な人材がいます。真面目に前向きに仕事に向かう人、やる気がなく時間が来たらさっさと終わる人など様々です。一生懸命取り組む社員の評価は当然高くなります。仕事に取り組む姿勢を問われているということになりますね。また、あまり評価が高…

企業がある程度成長すると、社員を評価するために人事評価制度が不可欠になってきます。人が人を評価するのですから、全ての人が納得する制度を作ることは難しく運用の仕方次第では不満の温床にもなります。しかし人事評価制度には重要な役割があるのです…

人事考課の面談をすることにより、組織活性化やより充実した人材育成を行うことが出来ます。それには、面談を通じた評価を部下にしっかりと納得してもらい、考えを相互共有することが大切です。面談で本音を聞きだすのはなかなか難しいので、部下との話し合い…

今日は人事評価制度をコンサル会社に応援してもらい、次世代リーダーを育成できた事例を紹介します。これは中小企業を創業した社長が人事評価制度を活用し、決断とプログラムを行った結果の成功事例です。ここではコンサル会社の力を借りた、次世代リ…

コンピテンシー評価が日本に入ってきたのは、1990年代の後半です。これまで日本の人事評価で主に用いられてきた「能力評価」に変わるもので、多くの企業または自治体で採用されています。一度はブーム的なもので終わりかけたかのように思えましたが、…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る