閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  2. コミュニケーションで大事なこと
  3. 組織にネットワークの力を!!
  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  6. 人事評価を有効なものにするためには
  7. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  8. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  9. 褒めて部下を成長させるコツ
  10. 教えて!『マネジメント能力』とは何?
閉じる

人財ラボ

カテゴリー:人事考課

人事評価はそもそも何のために行われるのでしょうか。それは社員を成長させるためなのです。これを実現するには公平な人事評価が必要です。企業によっては賃金抑制のために使われている場合もあります。しかしこれでは社員の意欲を削いでしまい成長という面で…

みなさんの企業では人事の評価法について「絶対評価」と「相対評価」のどちらを取り入れているでしょうか。従来は相対評価をする企業が多かったのですが、この評価方法では、仮に全員が頑張ってもC評価やD評価(5段階評価法で)など低めの評価を付けられる…

人事評価制度を実施する理由は主に二つです。賃金を決めるためでもあるのですが、それだけではありません。社員を育てて経営目標を達成するためでもあるのです。そのためには賃金を上げることが必ずしも効果的でないこともありうるのです。求める人材像を…

どこの企業にも「人事考課制度(人事評価制度)」はあると思います。この制度のおかげで、個人の業績や能力に対する評価が分かりやすく表示され、その後の育成にも役立ちますよね。しかし中には、この制度の誤った認識に振り回されている企業も少なくないよう…

人事評価制度は会社の主軸部分です。丁寧な運用を心掛けなければ、いくら知恵を絞って作成しても失敗の道を辿ります。失敗を避けるためにも評価の判断理由まで示した評価シート、部下と話し合える育成面談シートの活用をお勧めします。全員が納得してくれる評…

部下の査定ほど頭を悩ますことはないかもしれませんね。しかし、これは避けては通れない上司の役目!心を鬼にして向かい合わなければ…です。ただ、この査定結果によっては部下のモチベーションが上がったり下がったりすることは、上司のあなたも経験済みです…

働いている人には必ずある「人事評価」ですが、評価次第ではモチベーションが上がったり下がったりします。企業側としても全員に高い評価を付けて、モチベーションを高く持ってもらいたいものですが、残念ながらそういう訳にもいきません。しかし、どんな評価…

「企業は人なり」という言葉があるように、企業は人材の集合体です。企業は信頼関係の上で成り立つ訳です。しかし企業は、大きくなればなるほど上司と社員との人間関係が薄くなりがちです。それに伴って信頼感が薄れ、どうしても人事評価に影を落とします。上…

どんな企業でも、社長の使命と言えば会社の実績を上げて、伸ばしていくことです。それには腕の立つ仲間が必要で、信頼のおける幹部・管理職に恵まれると自身の力以上に企業の発展を目指せます。幹部・管理職を作り上げ、会社を育てるにはどのように育成したら…

ビジネスでは「事業は人なり」といわれます。いかに立派な歴史や伝統を持つ会社でも、その伝統を正しく受け継いでいく人材を得なければいつかは衰退していきます。またどんなに完備した組織、新鮮な経営手法を導入しても活かす人材がいなければやはり衰退して…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る