閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. リーダーシップは引っ張っていくだけで良いものなのか?
  2. 職場でのストレスを減らすためには
  3. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  4. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  5. コミュニケーションで大事なこと
  6. 組織にネットワークの力を!!
  7. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  8. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  9. 人事評価を有効なものにするためには
  10. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
閉じる

人財ラボ

カテゴリー:マネジメント

日頃の職場で「世代間のギャップ」を感じることはありませんか?「最近の若いモンは全然分かってくれない」と嘆く上司の方は多いと思います。しかし上司のオジサマ方も、もっと若者に歩み寄ってもよいのではないでしょうか?言葉で伝えなければ分らな…

外部における環境が変わるとビジネス計画や組織や従業員のクオリティーも変わります。上層部がビジネスを改善しようとしても、組織や従業員を変えるシステムを持っていないのでなかなか変えられません。会社は環境における変化に瞬時に気づき、組織や従業員の…

課題をこなせずどう頑張ってもうまくいかない場合があります。理由の一つとして考えられるのが組織がまとまっていないことです。組織が一つになるのもバラバラになるのもそれをまとめる上司次第でずいぶん変わってきます。多くの人をまとめるためにはどのよう…

企業が成長するには有能な管理職が必要です。リーダーシップを発揮し、時には自己犠牲を払って部下を守らなければいけません。しかし、人間はついつい‘保身’に走ってしまうものです。しかし、管理職の方が保身に走ると企業の成長は見込めません。それどころ…

部下の仕事につい口を出してしまうことはないでしょうか。あれこれと直接指示をすることは部下の意欲をそぎ、自主性も奪ってしまうことがあります。指示する方が早いのですが、部下が自ら考えて動く方が結果としてプラスです。部下の力を最大限発揮させるため…

多くの人にとって褒められるということはうれしいものでしょう。褒めることで脳内にドーパミンという快楽物質が出ることはよく知られています。最近は褒めて育てることがよく言われるようになりました。うまくいくときと失敗するときでどう違うのでしょう。…

部下には自分で考えさせよう職場で分からないことがあれば、部下は質問してきます。日常茶飯事だと思いますが、そのときの質問のしかたは大きく2つに分けられます。成長する部下しない部下1つ目は部下自身が自分で考え、調べてもなお分…

男女雇用機会均等法が施行されて30年が過ぎました。日本でも社会に進出する女性は大きく増えたように感じます。ところが、管理職についてはどうでしょうか?残念ながら日本では女性が管理職になる環境は整っていないのです。日本独…

日々仕事をしていて思うのですが、働く人の傾向を大別すると「一生懸命仕事をしているが、なかなか完成しない」タイプと「大して努力しているようには見えないが、早く仕事が出来上がる」タイプの2種類に分かれます。その原因を考えてみると、’要領の差’が…

会社の業務を上手く進めるには一人一人が自分の’役割’を認識しなければいけません。個人プレーに走ると組織は途端にバラバラになります。今日は自分の役割というものについて、バーベキューで例えてみます。自分の役割を果たそうある人がバ…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る