閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?

パワハラにはいろんなタイプがあります。分かっていてもイライラしてつい部下を攻撃する人もいるでしょう。そうではなく指導したつもりがなぜか部下が委縮したり心を病んでしまう場合もあるでしょう。そうならないように、まずパワハラについて学んでいきましょう。

パワハラの6類型。

厚生労働省はパワハラを6つに分類しています。

  1. ・身体的な攻撃
  2. ・精神的な攻撃
  3. ・人間関係からの切り離し
  4. ・過大な要求
  5. ・過小な要求
  6. ・個の侵害

出典:厚生労働省 あかるい職場応援団 パワハラの6類型

部下のミスに対して注意するのは当然のことなのですがそれが特定の人ばかりになっていたり執拗に責めていたりしませんか。部下が理不尽さを感じてしまった場合、それがパワハラになっている可能性もあります。

気付かぬ間にパワハラをしていることも

パワハラを気にするあまり言いたいことも言えないと悩んでいる上司の方も多いかもしれません。そこで具体的にどのような行為がダメなのか見ていきましょう。

あなたは、大きな声で怒鳴り散らしたりしていませんか。また物を投げつけたり、相手の自尊心を大きく傷つけるようなことを言ってませんか。これは比較的わかりやすい例です。

しかし中にはパワハラとは分かりにくいものもあります。「だから君はダメなんだ」このようなことをうっかり言ってしまう人もいるのではないでしょうか。これは仕事に関することではなく人格を責めているのでパワハラになります。またミスが出たからということで執拗にそのことを責めれば問題です。

 

パワハラ上司の元で部下は育たない。

もう一つ見極める方法もあります。それは部下の成長です。パワハラ上司の元で働いている部下は成長する前につぶれてしまうことがよくあります。考えてみて下さい。毎日毎日、嫌味を言われ、無理難題を押し付けられる、できなければ、みんなの前で怒鳴られる、個人的な事にまで干渉してくる、このような上司の下で一体どうやって成長すればいいのでしょうか。

むしろ頑張ろうという気持ちさえ奪ってしまうことでしょう。部下が委縮していたりメンタル面で病んでしまい休みがちになっていませんか。周りをもっとよく見てみましょう。もしかしたら自分がパワハラ上司になっているかもしれませんよ。

まとめ

ここまでで自分自身がパワハラ上司かどうか分かってきたのではないでしょうか。もしそうなら早急に対処すべきです。普段の行動から部下への対応、その他諸々改善さえしていけば周りの目線も大分変わってくるはずです。

そこで、自分がそんな上司なはずはないと頭でっかちに頑固にならずに、もう一度自分自信を見直してみるのも、部下への優しさと言えるのではないでしょうか。

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 社員の定着こそ低コスト!

  2. チームワークを良好にするために上司ができることは

  3. 武器は「女性と若手社員」! 成功する企業の取組みとは

  4. 裁判に勝つ契約書

  5. 2015年に完全失業者について分析する

  6. 管理職によって活かせる女性社員!!

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る