閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ

あなたは一会社員として働いています。実績も認められ、上の立場にも立つことができる存在です。さぁどうしましょうか。この会社の中で一生を終わらせますか?それとも起業して社長として一生を終えますか?

このページを開いたということは少しでも起業家としての人生を歩んでみたいと思ったからですよね。もしくは起業に興味があるか、野心を持っているか。起業するということはお金の面もそうですがメンタルにも大変な負担とリスクがかかることなんです。

孤独な起業家

あなたは自分を一匹のカエルだと考えてみて下さい。今まで群れの中で「優秀だ」「優秀だ」と褒め称えられ、それなりの実績を上げてきました。ですが、今からあなたはその群れから出て一人で旅に出なければなりません。ある程度の軍資金はあるでしょうが、これからは一人です。これは相当なリスクと考えて構わないでしょう。

困ったことがあった時でも自分で決断しなければいけません。悩みを相談する相手も少ないでしょうたった一人、孤独に立ち上げた所からのスタートで成功を目指さなければならないのです。そのうえ事業に成功したからといって孤独から抜け出せるとは限らないのです。

メンタルが重要

孤独な起業家にとって本当に大切なものは何でしょうか?多くの起業家が答えたのは

  • 環境変化に適応することのできる柔軟な気持ち。
  • 積極的で、決断できる強い心
    の2点です。どちらもメンタル的に重要になってくるものですよね。心が弱って来ると人間は不安になってきます。あの時ああすれば良かった、こうしていればもっとうまくいったかもしれないと思うことも増えるでしょう。会社員としては優秀であったとしても外に出てみれば自分の無力さを感じることも多々あるはずです。

不安を話せる人を作る

起業すれば起きてる間は経営が気になるでしょう。収入も満足に入ってきません。会社が軌道に乗るまでは我慢も必要ですが不安や孤独に悩まされる人も少なくありません。孤独と戦い成功してきた人たちはどうやって乗り越えたのでしょうか。

そこで、周囲の起業した人たちに話を聞いてみるのはオススメです。1人で戦わなければならない環境でもライバルとしての仲間は存在しているはずです。周囲で見つからなければネットで調べてみるのも良いでしょう。できることはやったほうが良いのです。孤独感や不安を自分でコントロールできていると思うことはストレスを減らす効果があるからです。

まとめ

起業するということは孤独な面があるのは否めません。家族から反対されることもよくあることです。大変なリスクをしょい込んでいるのです。これから起業家としてやっていこうと考えている方は、一度自分の周りを見渡してみて下さい。自分自身の抱えていくであろうリスクを予想してその対処法を考えてみることが大切です。

経営者必見の助成金情報はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. ランチェスター戦略でNO1を目指せ!~中小企業の戦い方~

  2. 美容院の過当競争を勝ち残れ!!

  3. 経営が厳しい美容室を存続させるためには

  4. サロンでの働き方の変化/過剰サービスからの脱出

  5. 自社の強みを見つけるために。店主が気付いていない飲食店の魅力

  6. 美容師の最終的な目標が変わってきた

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る