閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

社員の健康管理できていますか。

企業には安全配慮義務があります。使用者は労働者が生命、身体の安全を確保しつつ労働できるようにしなければいけないのです。要は社員が健康的に働けるようにということです。どうすれば社員がイキイキと働けるような環境にすることができるでしょうか。

休みがちな社員はいないか

あなたの会社に休みがちな社員はいませんか?働く以上ストレスは避けて通ることはできません。だからといって何もせず放置していては働く人の健康に悪影響を及ぼすことにもなりかねません。

休みの多い人に関してはまずは本人に尋ねてみるのが一番でしょう。もしかしたら何か理由があって出勤しにくくなっているのかもしれません。嫌いな人、苦手な人がいて出勤するのが憂鬱な人は少なくないでしょう。ストレスが原因で体調を崩すことは誰にでも起こりうることです。

健康に関する意識を高める

健康に関しては本人の自覚を促すことも必要です。他人がいくら「健康に気を付けよう」と言ったところで本人がその気にならなければ意味がないからです。また企業にとっても社員の健康は経営に大きな影響を与えるのは間違いありません。

そこで積極的に啓蒙活動を行ったりウォーキングイベントを開くといったことは有効になります。1人だと難しいことであってもみんなを巻き込むことで意識を高めていくのです。

 企業にできる健康管理

社員の健康管理は法律上の義務だからするのではなく積極的に行いたいものです。激しい企業間の競争を勝ち抜くには社員がしっかり働けることが前提だからです。そのために健康診断をする必要があるのです。それらをデータ化し、社員が健康を維持できているかどうかチェックしましょう。対策を立てたり改善を促すことができるようになるのです。

メンタル面に関しては相談窓口を設け、気軽に相談できる雰囲気を作ることも必要です。落ち込んでいたり意欲が乏しくなっている社員には上司が声を掛けるといった対策も有効です。

また働きやすい環境を作る、それはすごく大切なことです。働きやすい企業はコミュニケーションがよくとれています。話をすることは人間関係の潤滑油になるからです。

無理な残業はなくしていきましょう。働く時間が長くなると自分の時間が持てなくなり気持ちに余裕がなくなりがちだからです。

会社に行こう、今日も仕事を頑張ろうと思わせるそんな社内環境へと改善させることができれば成功です。無理な残業はさせない、無理難題を押し付けたり、怒鳴りつけたりしないことです。今はあまりにもブラックな会社が多く、会社がつらくて自殺に至る人もいます。そういったことにならないように労働環境に目を配りましょう。

まとめ

社員の健康は経営を考える上で避けて通ることはできません。働きやすい環境を作る、相談窓口を設置する、ウォーキングなどの健康イベントを開催するなどの対策をとることで多くの社員が元気に働けるような職場づくりをしていきましょう。

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 中間管理職はうつになりやすい!原因と自分を守るための方法

  2. 管理職は社内のメンタルヘルスに気を配るべき

  3. メンタルヘルス・精神衛生状態を健康に保つ

  4. 社員のストレスを軽減させる3法則

  5. マインドフルネス瞑想で仕事がデキる人に

  6. 就活うつが治らない。症状と対処法は?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る