閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

職場でのストレスを減らすためには

あなたは、仕事場でストレスを感じでいませんか?良い職場とはストレスフリーでなくてはなりません。理不尽に怒鳴られることや、出来もしない仕事を押し付けられるといったそんな劣悪な環境の会社にいないでしょうか?ストレスを減らすにはどうすべきか学んでいきましょう。

ストレスフリーな職場環境とは?

ではストレスフリーになるにはどのようなことをするべきでしょうか?直接相手に言ってもみてもいいかもしれませんが、それでは他者との衝突を招きます。結果険悪なムードになってしまうかもしれません。

なかには月に一度席替えをしている会社もあるようです、そうすることによって同僚とのコミュニケーションを円滑にしていき、信頼関係を深めているようです。もし上手くいかなくても一か月でまた席替えがあるので、そこは安心です。居場所が変わることによって新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができます。

他には上司とのマンツーマンでの面談があるような会社もあります。二人きりで話すというのは、ストレスを感じるような気もしますが、言いたいことを直接言えて、周りの同僚には言えないことも言える良い機会であるといえます。自分の中でため込んでいるものを吐き出せる、ということは、ストレスを吐き出すことにも繋がっていくことでしょう。

同僚や上司との衝突を少なくする考え方

まずは自分の心から整理していきましょう。例えば、怒鳴り散らす人がいればそのまま受け止めるのではなく「あの人はあそこまで怒鳴らないと自分の意見が言えないんだな」「可愛そうな人だ」と相手をいたわる気持ちを持ちましょう。

同僚が嫌味を言ってきても、「コミュニケーションの取り方がよくわからないんだな」と自分の気持ちを冷静に保ちましょう。少しでもイライラするところを抑えることで相手との衝突を避けることができます。自分にとってもストレスの軽減につながっていくはずです。

ただ、あまりにも不条理で、ひどい損害を被ってしまったときは泣き寝入りせずに、然るべき場所に、相談なり通報をしてみてもいいかもしれません。

今感じているストレスを減らす

先ほども書きましたが、日常では、「どうして自分だけ」「他の人は楽をしているのに」など、不公平な気持ちで落ち込んでしまうことがあるでしょう。それこそがストレスになっていきます。妬んだり、相手のことを悪く思うと自分を不幸にしてしまいます。不公平だと思うことがあっても人のことを気にしないことが肝心です。

そうはいっても様々な人が働く職場だからストレスを完全になくすことは難しいでしょう。しかし周囲の人にも悪い点ばかりではなく良い点だってあるのです。悪い点ばかりに目が行く思考の偏りを治すことでストレスを減らすことは可能です。

まとめ

ストレスのない職場はありません。努力のしすぎや我慢をすることはストレス悪化の要因となりますあまりにもストレスを感じてうつ病のような症状になった時はすぐに医師の診断を仰ぐ必要があります。そうでないなら、たまには肩の力を抜いてゆっくりと休暇をとってみるのも良いかもしれません。仕事の効率も上がり、周りからのストレスも軽くなるはずです。

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 処世術次第で「アウェー」が「ホーム」に変わる

  2. 五月病の対策を取りましょう!

  3. 高年勤労者、年下の上司に仕えることは

  4. 職場での世代間ギャップを縮めるためには

  5. ●チームの就労意欲を引き出す簡単なコツ

  6. 上司が部下になる日

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る