閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

組織にネットワークの力を!!

組織全体のモチベーションを高めるには、人的ネットワークのつながりが何より重要です。組織にとって人材のネットワーク力は何より大切ということです。必要に応じてプロジェクトを計画し戦略を立てましょう。

積極的に人とつながろう

組織のパフォーマンスをより一層上げようとするなら、戦略的に人とのつながりの構築を築いていかねばなりません。分断された関係ではモチベーションも上りません。人をつなぐ、その要となる人材になりたいものです。

そこで社内のネットワークを築く必要があります。そのためには人間関係の整理をしながら、身近につながることのできる人材を調べてみます。人は人をつなげてくれるということを基本において考えましょう。

社内の人とできる限り関わりの機会を作って、有益な接点を持つことです。研修・プロジェクトのつながりも活かしましょう。より強化することが必要だと感じられたら、知人と知人を紹介するなどして、つながりが広がるような活動を行いましょう。ゴルフ・飲み会なども有効です。

多様な人とのネットワークは社外においても重要な役割を果たします。周囲の枠を広げ世界を見る視野も広がります。影響力の強い人と知り合うことは様々なことを学習できます。自身の人格にも大きく影響を及ぼすことになるのです。

誰もが無意識に行っている人間関係ですが、関わりをより有益なものにするため、意識的に情報交換などに取り組んでみましょう。知人のチェックをし、仲間意識の強い人たちだけのつながりだったりして偏っていたなら、抜け漏れのある組織内の人間を思い起こしてみましょう。

対象の上司や仕事仲間・友人などから協力をあおいで、多角的な立場から人的紹介などをお願いしましょう。そこで増えたネットワークは意義のあるものになります。今までと視野も違い価値観も様々な人と知り合うのは、実績にもなります。

ネットワークを築くことのメリット

どこかで沢山の人と接点を持てることを具体化して色々な人の力を借りながら、自分のネットワークに参加してもらいましょう。

いざという時に、人の力を借りなければいけないときは来ます。なにかプロジェクトをするときには、ネットワークで助けられることも多くあります。人の力は大きな利益を生みます。企画や研修などにも利用できるかもしれません。

人財という名前のネットワークは、組織全体のモチベーションアップにも、一役買ってくれますし、上手に機能すれば助け合う原理が働いて良い刺激となります。お互いに利害が一致すれば力強い仲間ともなります。

そのためにも、気心知れた良いネットワーク作りに気を配りたいものです。雰囲気つくり・信頼関係づくりなどが大切になります。

影響力のある人を見つけよう

いざとなった時に力になってくれる人とのつながりは一朝一夕にはできません。しかしその見返りは大きなものとなります。特に影響力の強い人、仕事のできる人、グローバルに活躍する人とつながることは大きな力となってくれるでしょう。

大海を知る上でも、このような人達との付き合いは重要さを増していきます。ぬるま湯から抜けて一歩先を歩きましょう。

大きな動きを持っている人たちとつながると、今まで直接ネットワークを持っていなかった人でも、その先に居る人として見知らぬ人達と繋がっていくことが可能です。未来を大きく広げるためにも、挑戦してみてください。

そうして、人的ネットワークを力として、組織の中でより影響力のある人材へと育っていきましょう。企業は自ら育つ人材を強く求めています。そのためにも、ネットワークの構築は育成ツールとして役立てたいものです。

まとめ

コミュニケーションの取り方次第で、人と人をつなぐ組織内での中心的役割を果たせるようになるかもしれません。また企業でもそういう人材を求めています。組織をパワーアップしていくうえで、欠かせない人財となります。

またネットワークは相互の助け合いに役立てたいものです。意欲を持って、一段と強いネットワークを作ることが組織内の変革に役立ちます。

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 社員を『介護難民』にさせてはいけない!

  2. 建設業従事者に若手を呼び込むには?

  3. あなたはデキル人?デキル人はやっている!『80対20の法則』

  4. 現場がサービス向上を主導!!

  5. 規模の小さい美容院が生き残っていくためには

  6. 管理職へ上る階段は職業によって長さが違う?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る