閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 社員研修を改革しよう
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

それぞれの立場に合わせた社員研修とは

社員研修にはOJTやコーチングなど様々なものがあります。職種や階層によっても変わります。人材育成に苦労している企業も多いのではないでしょうか。そこで今回は若手社員、中堅社員、管理職でどのような社員研修を行うべきなのかを見ていきたいと思います。

若手社員にはビジネスの基礎を

若手社員には一人前の戦力として活躍することが期待されます。そこでビジネスマナーやコミュニケーション、報連相といったビジネスの基礎を学ぶことで基本的な力を身に着けるのです。これはわかるだけでは意味がなく、できるようになるまでしっかり繰り返す必要があります。

できる社員というのは基礎がしっかりしています。土台をしっかりさせる意味でも、若手社員に対する研修はおろそかにできません。そこで、それぞれの力を底上げするためにビジネスに関する基本的な事を学ぶことができる研修をすべきです。

若手社員と管理職をつなぐ中堅社員

中堅社員になるとある程度仕事も任され、一人前の社員として扱われるようになります。将来のリーダーとして自らの成長が求められ、その上で若手社員の育成も行う必要があります。

また、一人一人を見ると実力差は大きいのですが、求められることはチームの主力として活躍することが求められています。そこで中堅社員には、問題を発見し解決するスキルや部下を育てるための技術を学ぶ研修が有効になります。

これまでとは違った役割を求められる管理職

これまではプレーヤーとして結果を出すことが求められていました。管理職となればマネージャとしての役割も求められるようになります。部下に任せるより自分でやった方が早いのだとしても、それではチームの力を最大限発揮することにはなりません。

個人プレーで結果を出せばよかったこれまでとは違い、部下を動かし組織を引っ張ることが求められています。そこで管理職研修では、プレーヤーからマネージャへ意識や行動を変えるような研修が望ましくなります。

まとめ

一口に社員研修といっても企業によって求める人材は変わってきます。自社に必要な人物像を明らかにし、それに合わせて研修内容を変えていくことが望ましいことは言うまでもありません。

また、立場によって必要な能力はそれぞれ変わってきます。基礎が求められる若手社員、上下のパイプ役を担う中堅社員、組織を牽引する管理職と違いに合わせて社員研修を行うことで人材の活性化につなげていきましょう。

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. ミドル層をうまく使いこなすことが企業活性化の鍵を握る

  2. 社員研修を成功させるための目標設定方法。

  3. 社員研修を外部委託するメリット・デメリットとは。

  4. 新入社員の研修の目的を伝えていますか?

  5. ゆとり教育を受けた社員を育成する管理者の役割

  6. 若手社員の教育法が変わる!

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る