閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 社員研修を改革しよう
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  2. コミュニケーションで大事なこと
  3. 組織にネットワークの力を!!
  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  6. 人事評価を有効なものにするためには
  7. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  8. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  9. 褒めて部下を成長させるコツ
  10. 教えて!『マネジメント能力』とは何?
閉じる

人財ラボ

OJTとOffjtを効果的に活用しよう

人材育成においてOJTとOffjtはもっともよく使われる手法です。この二つの方法を効果的に運用することによって、単体で実施したときよりも効果を上げることができるのです。それぞれの違いを把握し上手に運用することが大切です。

OJTとはどういったものか

OJTは費用がさほどかからず、日々の仕事をしながらの教育を受けることができます。身についたことが業務に直結するため多くの企業で実施されています。また直接上司とやり取りする機会が増えるためコミュニケーションが活発になるといった効果があります。教育を任される側も教えることで仕事に関する知識が身につくといったメリットがあるのです。

しかしOJTと称して現場や教育担当者に任せきりにすると効果は薄くなってしまいがちです。現場や教育部門と連携をとり計画に沿って進めていくことが必要です。

Offjtとはどういったものか

専門の人が教え、大人数の受講が可能です。職場から離れて行うことで技術や知識を得ることに専念できるなど、メリットも多いのです。必ずしも業務に直接関係ある事ばかりではなく、普段の仕事にすぐに役に立たない場合もあります。

そのためにOffjtの効果に疑問の声が出てくることもあるようです。しかし仕事を離れて訓練に専念でき体系的な知識が付くことは大きなメリットと言えます。

人をより効果的に育てるには

 

人材育成では実務能力が身に付くOJTをまずは活用したいところです。それだけで足りないところはOffjtでの教育を考えます。例えば教えることの上手な社員がいないときや長期的な視野に立った人材育成を考えるのであればOffjtを用いるのが良いのです。

最初にすべきことは、研修を行う外部講師と職場の教育担当者がどういった知識やスキルが必要であるか認識を一致させていくことです。次に研修で学習した結果を教育担当者に伝え実際に業務にどう役立てているのかチェックしていくのです。チェックしたことを元に今後の改善点を伝える面談を行います。その面談でOffjtを受けて実際にどう変わったのかフィードバックしましょう。

このように外部講師、教育担当者、部下の3者でしっかりコミュニケーションを取り、Offjtがどう活かされているのかチェックします。このことがOJTとOffjtとを結び付けより効果のある人材育成を可能にします。

 

まとめ

OJT、Offjtをバラバラに運用するより、その二つを連動させることでデメリットを補いながらメリットを生かしていきます。相乗効果で1+1が2ではなく9や10にもなるのです。場当たり的ではない計画に沿った訓練をすることで人材育成を軌道に載せましょう。

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 次期管理職である後輩・部下の育成に中間管理職が求められる役割は?…

  2. 社員のセールス力を伸ばすには?

  3. 『ダメ社員』を育成するために必要なこと

  4. ポイントを押さえた資料作成が社員研修には生きる

  5. 『ミドル層』の活性化には上司との連携が不可欠

  6. 中小企業で社員の意欲を高める3つのポイント

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る