閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

教えて!『マネジメント能力』とは何?

管理職に求められる「マネジメント」のチカラですが、案外管理者の中にはそのスキルについて詳しく理解していない人もいます。また昨今は企業を取り巻く環境の変化が大きく、それによりマネジメントも変わることが多々あるので、いかにその変化を敏感に感じる取ることができるかが重要になってきます。

今現在管理職にあるあなたはマネジメントの意味を理解し、現状に合ったマネジメントができていますか?

「マネジメント」=「管理」ではない

Managementを和訳すると「管理」「経営」と出てくるはずです。管理職に就いた人がよく勘違いされることが、マネジメントを「管理すること」と思い、部下の管理と考えてしまいます。

確かに「管理」で間違いはないのですが、経営上で使われる「マネジメント」の意味とは、『経営において結果を出させる』ことです。そのためには「資産・資源、または伴うリスクなどを管理し、利益を上げる」ことができなければなりません。これがここで言う「マネジメント能力」になるのです。

「マネジメント能力」の2つの基本

マネジメント能力で大きな柱となるものが、成果を出すための「戦略・戦術」と、組織をまとめる「リーダーシップ」です。例えば、一つの目標設定のためには、現状の分析から計画・行動・改善ができ、状況に応じた対応力も必要になってきます。

また、目標達成のためには組織の活性化を図ることも忘れてはいけません。そのためには組織内の環境作りも重要で、社員同士の交流・対話が必要になってきます。

個人の支援・育成も大事な要素で、中長期的に育成計画を立て実施できるチカラもいります。これをバランスよく保てることが管理者に求められる「マネジメント能力」というわけです。

多様な時代だからこそ「マネジメント能力」が必要

グローバルな現代に生きていると、急激な変化が当たり前のように起こります。「まさか」が「まさかでない」時代に私たちはいるのですから、企業内においてはどう対処できるのか管理者のマネジメント能力にかかってきます。

たとえどのような背景でも、目的を達成させ成果を上げなければならないのですから、状況に合わせたマネジメント能力も必要になってきますよね。

そのためには、定期的なマネジメント研修を実施することをお勧めします。これは、管理者の成長に繋がり、ひいては組織全体の業績アップにも繋がります。この時代だからこそ、高いマネジメント能力が必要なのです。

まとめ

管理者に必要な「マネジメント能力」とは、ただ部下を管理するだけではありません。「組織を動かして成果を出す」ことが、経営上求められる「マネジメント能力」です。そのためには管理者自身の戦略術・リーダーシップが不可欠です。

昨今の環境の変化にも対応できるように、マネジメント能力のスキルアップも必要になってきます。管理者の「マネジメント能力」のスキルが上がれば、組織・企業にとって大きな成果が出るはずです。

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 日本の女性管理職を増やしましょう

  2. G-PDCAを設定し目標を掲げる。期限を定めて行動しよう。

  3. 若手社員とのコミュニケーションは取れていますか?

  4. 管理職に求められているものとは何か?

  5. 強力な組織づくりのためにどのような人材育成をすればいいのか?

  6. ワンマン上司では有能な部下は育たない

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る