閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

優れた中途採用者の獲得に向けて、企業はどう取り組む?

企業の成長過程において、優れた人材の確保が必要なことは言うまでもありません。しかし現実は企業の思いとは程遠く、早期退職者や離職といった問題を抱え、経営者は日々苦悩しています。

もちろん社員研修や人材育成も行っているのですが、即戦力とはいかないようです。このような現状から脱却するため、企業は即戦力となり得る中途採用者に目を向け、彼らの持つ実践的スキルを企業の成長に活用したいと考えています。

今後、企業が示す方向性としては、現場で即戦力となり得る人材の獲得に向けて多方面から考え、企業の「安定・成長」に繋げたいところでしょう。

転職を考えている人材を呼び込めるか

転職を考えるには様々な理由がありますが、一番の理由は「会社の将来に希望を持てないこと」です。つまり、企業の業績が衰退している中で手を打てない経営陣の無力さ、それに伴って「自身の生活設計も立たないのではないか」という不安から転職を考えるのでしょう。

他にも、社内での人間関係とか様々な理由が考えられます。例えば、自身の能力を発揮する場に恵まれないことも大きな理由と言えるでしょう。

就活者にどう就職情報を提供するか?

一般的に就活時に利用するのが、ハローワークや就職情報誌です。しかし、求める仕事の内容や業種によって探し方は異なり、最近では大手求人サイトのマイナビ、リクナビ、その他の求人サイトから情報を得る傾向にあります。

現実に多くの人がサイトから企業の情報を得て、就職に結びつけているそうです。サイト利用の良いところは、仕事探しに時間を費やさないことです。ハローワークだと時間的な制約があり、思うように進まないことや業務内容についても不鮮明な点が多いことも挙げられます。

企業では就活者の選択肢を広げるため、大手求人サイトに自社の業務内容を細かく掲載することが必要でしょう。そして掲載サイトも大手を含め、何か所にも掲載し、あらゆるネットワークを利用して就活者の目に留まるようにしたいものです。

就活者の目を引く自社の情報サイトの内容とは

まず必要なのは、自社の事業内容を詳しく掲載することではないでしょうか。給料や昇給に関するものから、「福利厚生・人事」など生活設計に繋がる内容のものが必要でしょう。また業務内容においては、業務項目に画像を添えて、より明確にすることが求められます。

優れた人材の獲得には、閲覧しただけで興味を持てる(応募したい)内容にしなくてはいけません。そうすることが優れた人材を呼び込むことになり、企業の成長へと繋がるのです。

まとめ

企業の繁栄、成長には高いスキルを持った人材が必要なことは言うまでもありません。今、多くの企業では新卒者だけでなく、実践スキルの高い中途採用者も取り入れています。実践的能力の高い人材を採用することで、社内の活性化に繋がり、企業の業績向上や成長へと繋がるのです。

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 今ほどミドル人材が必要とされている時代はない

  2. 人材探しに職務記述書を活用する

  3. 新卒採用で中小企業は苦戦!優秀な人材を獲得するには。

  4. 就活うつが治らない。症状と対処法は?

  5. 新卒一括採用には問題あり。うまく乗り切ろう。

  6. その採用、問題ありませんか?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る