閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 社員研修を改革しよう
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

研修の事前準備と確認

研修が始まる前には、事前準備の必要性があります。実施における準備や段取りにはどのようなものがあるのでしょうか?失敗に終わらないためにも、入念な計画とチェックは欠かせません。そのポイントを整理してみましょう。

事前に何を行えばいいのか

研修で大切なのは、何といっても受講者が主体性をもって参加することです。研修を行う側も意欲を高めさせる工夫が必要になってきます。研修内容の特徴や開催目的などを事前に周知させて、参加への動機付けを図るようにしましょう。
一歩間違うと、研修は会社からの絶対命令で、「押し付けられたもの」となってしまいます。参加前に告知をして、内容を理解してもらうためのメッセージなどを用意しておくと、参加しやすくなります。社員自身も自分にとって価値を見いだせるものになると、研修の意味も深まります。また、社員にとって魅力的であるもの、自分のためのものと認識してもらうだけで一段と効果が上がります。

例えば、「今回の研修において自分自身の経験を整理したり、新しい発見に繋がるような研修にしていきたいです」と伝えるだけで、興味を持ち、意欲的に参加しようとする社員も増えることでしょう。

丁寧なマニュアルをつくろう

研修の事前段階には会場の決定や資料配布の準備が必要ですし、参加案内や会場案内などの資料も必要とされます。このように、研修当日までに決めなくてはいけないことが山積みなので、その研修に合わせたマニュアルを事前に話し合い、漏れのないように前もって作成することが大切です。当日は柔軟に対応すべきで、進行具合によってマニュアル変更もありです。

研修プログラム作成とチェック

研修の意味を考えて、「何のために行うのか」という目的をはっきりさせてから、共通になる考え方を明確にしましょう。そして目的がハッキリしたら目標と現状のギャップを把握して、どのレベルまで持っていくかを検討するべきです。使える時間の把握・受講者の現状のレベルの把握をしっかりと行って、伝えるべき内容を明確にし、それなりの相応しい手段を選択していきましょう。

研修プログラムは必ずチェックを行っておかねばなりません。狙いとレベルに相応しいか?全体のバランス的にどうか?など、細かなところまで入念なチェックが必要です。

まとめ

研修といっても、内容はその狙いと目的により様々です。同じ内容で抽象的にならないよう、一つ一つの研修に事前準備・打ち合わせなどが必要になってきます。「一通り終わればいいや」という研修ではやらされた感も強まり、費用と時間の無駄となってしまいます。個々人の目標に合ったプログラム作成と、本人の意欲的な参加で、意味のある有意義な研修となり、企業で活かせるものとなりますので、めんどくさがらず丁寧な研修プログラム作成を心がけましょう。


自立した社員を育てる仕組みはこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 建設業従事者に若手を呼び込むには?

  2. 管理職へ上る階段は職業によって長さが違う?

  3. 美容院/リピーターを増やす戦略

  4. 優秀だがなぜだか敵を作ってしまう人とは

  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか

  6. 楽しむセンスを力にスピード成長

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る