閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

人材育成が行われる目的とは

社員に活躍してもらうために多くの企業では人材育成が行われています。しかし、それは手段であって目的ではないので企業は必ずしも社員を成長させる必要性はないのです。とはいえ、多くの企業にとって人材育成は経営課題です。成長や業績のアップを目指す企業にとっては避けて通ることはできません。

人材育成の成功例と失敗例

失敗例として考えられるのは、せっかく育てたにもかかわらずこれからという時に辞めてしまうことでしょう。採用にかかるコスト、戦力になるまでに払った給料、教育をするための費用は全くの無駄になってしまいます。
人材の活用の理想例としては、雇った社員が優秀でそのまま戦力として活躍してくれることです。常にこのケースであれば問題ないのですが現実はそうはいきません。

成長を実感させ定着率をアップさせる

現在は人手不足で人材育成が行き届かない場合もあります。職場が常にピリピリしていて、人材育成どころか辞める人が続出する企業も珍しくありません。このような企業では存続さえ危ぶまれます。優秀な人材ほど早くに見切りをつけて去ってしまうことでしょう。

出来る社員を惹き付けるには成長を実感させる必要があります。人というのはそれまで出来なかったことが出来るようになればうれしいものです。これはもちろん仕事でも同じです。そこで自らの成長につながる社員研修を行うことは、離職防止という観点からも有効な手段と言えます。定着率が上がれば、教育に掛けた費用も人材の成長という形で返ってきます。

社員が経営理念を共有する

現在は多様な人材が働くようになりました。以前と比べて女性や高齢者、外国人の割合も増えています。以前のような阿吽の呼吸では通じず、会社の方向性を伝える必要性が出てきました。
また、大企業でも経営戦略を間違えてしまえば倒産の危機に瀕してしまう例は珍しくなくなりました。ビジネスでは判断の難しいケースも増えてきているのです。
そこでぶれない軸として経営理念に基づいた行動を求める企業が増えているのです。軸がしっかりしていれば経営が安定し業績アップにもつながるのです。

まとめ

社員を育てることに苦労している企業は少なくありません。そこで今回は人材育成がなぜ行われているのか考えてみました。
成長させることは必要なのですが教育機関ではないのでそれが目的ではないのです。離職を減らし会社の方向性・経営理念を共有することで企業の成長や業績アップをさせることが目的なのです。


実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. スピーディーな時代には「課題抽出型」人材が必要

  2. ポイントを掴んで研修会社を選ぼう

  3. 富士ゼロックスの人材育成はココが違う!

  4. 若い先輩の社員にやらせてみたい「OJTトレーナー」

  5. 人材育成のための適切な研修とは

  6. 新入社員に対する教育法とは

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る