閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

職場の満足感を高める‘働きがいのある’企業とは

職場の不満や満足感はどこから来るのでしょうか。従業員の満足感を高めようと給料を上げたとします。実はこれは意図した通りにはなりません。ハーズバーグが提唱した理論によると不満に感じる要因と満足に感じる要因は別の物だからです。

なぜ給料を上げても満足感を高めないのか

通常給料が上がれば多くの人は喜びます。ところがその瞬間は嬉しくてもその状態は長く続きません。それが普通の状態になり環境に慣れてしまうのです。もちろん上げ続けることができれば別ですが、経営資源には限りがありそんなことは当然できません。
福利厚生を充実させても同じです。では給料を上げなければ良いのかと言うともちろんそんなことはありません。低かったり大して変わらなかったりすると不満が高まってしまうのです。では満足感を高めるためにはどうすべきなのでしょうか。

働きがいのある企業とは

不満要因をどれだけ取り除こうと満足感を高めることにはつながらないのです。
ハーズバーグによると達成感のある仕事、周りからの承認、仕事そのもの、責任のある立場や仕事を任されること、昇進、成長が仕事の満足感を高めています。これらは動機付け要因と呼ばれるものです。

ところで働きがいのある企業とはどのような企業なのでしょうか。一例として挙げると自分の仕事に価値を感じ周囲から認められるような企業のことではないでしょうか。このような企業では意欲が高まり人が活き活きと働くようになります。これは動機付け要因を高めることそのものと言えます。

働きやすい企業とは

離職率が高い、社員の不満が多い場合はどうすべきでしょうか。この場合は衛星要因と呼ばれる会社の方針と管理、監督、上司との関係、労働条件、給与、同僚との関係を改善していくことが求められます。具体的にはコミュニケーションを取りやすいような風土を築いたり育児や介護をしている人たちが辞めずに済むよう勤務時間を柔軟にする、休暇を取りやすくするといったワーク・ライフ・バランスに配慮した職場づくりが必要です。これらの点は職場の雰囲気に直結し定着率が高まります。このような会社は働きやすい企業と言えるでしょう。

まとめ

働きやすい企業、働きがいのある企業はそうではない企業と比べて業績が良い傾向にあります。このような企業では社員の士気が上がり不平不満が減ります。優秀な人材も多く育ち職場の雰囲気も良くなるでしょう。働きがいがあり働きやすい企業を目指してみませんか?


実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. イマドキの若者は上昇志向がない!?

  2. 嫌いな部下を即戦力に仕立て上げよう!!

  3. 日報で気をつけるべきこと

  4. 「ストレスの少ない職場」を実現するために

  5. バーベキューにも仕事にもそれぞれの役割がある

  6. 女性の仕事への不満

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る