閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  2. コミュニケーションで大事なこと
  3. 組織にネットワークの力を!!
  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  6. 人事評価を有効なものにするためには
  7. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  8. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  9. 褒めて部下を成長させるコツ
  10. 教えて!『マネジメント能力』とは何?
閉じる

人財ラボ

イキイキと自分らしく働く女性になろう!!

現代の女性達は、一昔前のように「良い学校を出て」→「大きな会社で働いて」→「結婚して子育てして」→「家庭を守るお母さんになる」と言ったステレオタイプの生き方から脱皮して、自分らしくフリーダムにイキイキと働き続けて、「家庭も持ちたい」と意識の変革が起こっています。
自分のペースを守って、自分らしい生き方をすることで、自分らしく働くという結果に繋がっているのかもしれません。
結婚だけがすべてではないと言った、新しい感性の選択肢も生まれています。では、女性達の働き方はどのように変化していくでしょう。

個人の自由の尊重

今までの一般的な価値観が崩壊していった時代です。自分に注目が集まり、いかに?どのように?その人らしい生き方ができるか?を追及していく人が増えました。
若い夫婦の収入面では不安もあり、共働きをしないと生活の維持が出来なくなっていることも、「女は家庭に」という価値観を崩した原因だと言えます。
時代の流れと共に、「働きたい」「働かねばならない」女性たちが増えました。
しかし、個人の自由も尊重されてきた昨今、「自分らしく生きる」「自分らしく働く」と主流は自分らしさの追求になっています。

正社員を続けよう

日本では新卒社員で新人さんを雇用し、長い目で見て人材育成をし、文化やスキルの継承をするという形があります。
ありがたいことにこのシステムで、長期的に自分の人生設計が描けることが可能となります。今までの女性の働き方でしたら、人生のターニングポイントで変化と共に離職になってしまうのが通常でした。

しかし、これからの女性は人生のポイントとなる時期の変化が起こっても離職せずに、正社員として経験を積み重ねていくことが求められるようになります。
少子高齢化でによって社会で働く労働人口が減り、国の課題も大きくなったために、解決策として女性の起用が必要となってきたと言えます。
企業・行政・社会は、女性たちがいろいろな転機を迎え乗り越えて行くために、足をとめたとしても再度活躍できるような環境を整え、応援していかねばなりません。

周囲の支援とサポート

今までは一般的な価値観で「女が家を守る」と考えられてきましたが、現在では女性も働き続けるために、周囲のサポートを受けながら外に出ることを選択しています。
制度面として、育休などが充実してきましたが、まだまだ誰でも簡単に制度を利用しているわけではありません。
実際には「忙しすぎる」「ストレスばかり溜まる」と理想の生き方に反して、課題を抱えている場合も多いのです。

つまりパパの役割・職場の男性の理解は大きく必要という事になります。これからは、夫婦二人で家庭を守りながら、協力して子育てに励んでいく姿勢が大切です。
理解者が多いほど、女性のストレスも軽減されるようです。新卒で会社を決める場合、女性の目線で仕事を吟味し、「この会社で女性でもリーダーになっていけるか?」「出産などで様々な制度を利用できそうか?」と問いかけていくことが、職業選択の必須条件になっていくでしょう。

まとめ

「女性の働き方」について考えてみた時に、働きたいという声の中に「将来に関して不安」を持っている場合も多くみられます。
この不安から「働き続けておきたい」と考える人も増えているのではないでしょうか?
専業主婦だった人が世間に出ようとするときには、沢山の高いハードルを越えねばなりません。
男性陣の理解と国や職場の制度を整える事で、しっかりと、支援サポートしていける国であってほしいものです。


自立した社員を育てる仕組みはこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 視点はグローバルに!

  2. 成功のカギは地域攻略にあり!中小企業が生き残る秘訣

  3. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか

  4. あなたはデキル人?デキル人はやっている!『80対20の法則』

  5. あなたの言葉はなぜ伝わらないのか

  6. 分からないことを簡潔に、どう伝えるか

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る