閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

中小零細企業、勝ち残る戦略は?

中小零細企業の、これからの熾烈な競争に勝ち抜くポイントをあげておきましょう。ひとつは、規模の小さい隙間市場で第一位企業になることを目標とすること。2つ目は、同じ市場にいる業者と、自分の会社の差別化をはっきりさせておくこと。3つ目は、大手企業が参入していたら、もう参入しないこと。
それにはどこを気を付ければいいのでしょうか。

資力・資源の使いどころ

市場でただ一つの価値をもつ、オンリーワンの商品やサービスを見つけて、シェア第一位になることが、生き残りには必須です。「特化した技術」「ここしかないサービス・商品」など、魅力にあふれたものを作り上げていく事がオンリーワンになる秘訣です。
そのためには、資力・資源(人・モノ・カネ)の使いどころを間違わないようにしなくてはいけません。基本原則としては、「商品」に30%の資力・資源を投入したとします。次に「エリア・営業・顧客」の対策費に対して60%となれば、つまり商品の2倍の資力・資源を投入ということになります。そして、残った10%を「組織維持費」に投入という原則です。

マーケティングの重要さが理解できますね。大きくわけて考えると「営業関連」に半分以上の資力・資源が必要とされるという事です。
巷には物が多くあふれかえっています。その中で、顧客の目を引き、魅力を感じてもらわなければ、競合他社にも勝てません。資力・資源の使い方に気を付けたいものです。

中小零細企業に向いている市場とは

勝ち抜いていこうと思えば、何で一番になるかを決めていく事が大事です。他社との差別化ですね。例えば競合相手が多すぎる市場は避けて、狭くても大企業がいなくて、競合他社もほとんどいないという「ブルーオーシャン市場」で戦う戦略が有効です。「レッドオーシャン市場」と言って、競合企業だらけの市場は、血の海と例えられます。こんなところで戦っていては、中小零細企業に栄光はありませんね。静かな海(ブルーオーシャン)に向かって舵をとるべきです。

中小零細企業に向かない市場とは

大きな市場を見つけたと喜んでいる場合ではありません。大きければ大きいほど、商品を投入すれば売れるのは、販売ルートの確立した大手企業なのです。しかも、大量生産の原理が働きますので、質も価格も大手企業にとって有利な展開となります。中小零細では思う結果は出ません。太刀打ちできないのです。
さらに、売れているとみると、他社の企業だって黙っていません。次々に参入してきます。中小零細企業にとってはますます不利な状況がやってきます。このように、大きな市場というのは、中小零細企業に不向きなので、手を出さない賢明な選択が必要です。

まとめ

中小零細企業が、市場で戦っていくには、知恵を絞り作戦を練って勝負に行かねばなりません。大企業と同じ土俵で戦おうとしてはいけません。大企業から零細企業まで注目する市場というのは、かえって中小零細企業にはおいしい話ではないのです。競合相手が多いということはいくら労力を使っても、利益に結びつかない場合が多いのです。


経営者必見の助成金情報はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. それでもあなたは美容師になりますか?

  2. 中小企業の成長に必要な法則とは

  3. サロンでの働き方の変化/過剰サービスからの脱出

  4. 挑戦することをやめた企業

  5. モチベーションと生産性

  6. 有能な営業マネージャーであるためには

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る