閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

部下を動かすために知っておくべき4つのルール

部下と上手くいかない人は多いのではないでしょうか。扱いやすい部下ばかりであれば問題ありませんが、指示をしても動かない部下もいます。上司から見ると困りものですが、命令されることが好きな人は少ないでしょう。そこで言うことを聞かせたいからといって頭ごなしに言っても反発されるだけです。一時的に上手くいったとしても長い目で見ると確実にマイナスになります。

相手の立場に立ってみる

上司の指示通りに部下が動ないことはよくあることです。部下の立場に立ってみましょう。言っていることが分かりづらくて動けないかもしれないのです。この場合は、どういった指示であれば分かりやすいか考えるのです。指示が抽象的であれば具体的に説明します。なぜこの指示を出すのか目的や背景を説明することも有効になります。

相手の立場に立つとはよく言われることですがなかなか難しいものです。しかし、このことを意識するだけでも見方は変わってきます。

部下には情をかける

部下のことを思いやり、労をねぎらうことも必要です。人は感情の生き物であり、嫌いな人から言われたことはたとえそれが正しいことだとしても反発したくなるものです。何を言われたかより、誰に言われたかで受け止め方は変わってくるのです。

しかし、上司の側から見れば指示に従わない部下がいては困ります。人というのは相手から情をかけられれば、それを返したいという気持ちが備わっています。これを「返報性の原理」と言います。そこで上司は部下のことを思いやることも必要になるのです。ただし優しさだけでは甘く見られてしまい、上手く行かなくなってしまいます。

いざという時には怒りや権力を使う

もし部下がミスをしたり、問題を起こした場合は怒るということも必要になってきます。怒りにはエネルギーがあり、人を動かす力にもなるからです。ただし、これも最小限にした方が良いでしょう。常に上司への恐れを感じさせるようでは、そのときは動いても結局人の心は離れてしまうからです。

また、こちらがどう手を尽くしても反発する部下もいます。そういったときには権力を行使することをためらってはいけません。上司に逆らえばどうなるのか理解させる必要があるのです。具体的には「仕事を怠けるようだと査定に影響させる」「人事権を行使する」ということです。ただし、これは「最終手段」でなければならずいざという時に限ります。毎回このようなことをちらつかせていては、パワハラになってしまいます。

まとめ

部下を動かすには相手の立場に立ち情をかけることが有効です。しかし、優しさだけでは人は動きません。時には怒ったり権力を使うことも必要です。これらのことをうまく使い分け、部下を上手に動かしましょう。


実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 中年社員のマンネリ化に喝!

  2. 明るい職場づくりを

  3. チームワークを良好にするために上司ができることは

  4. 上司が部下になる日

  5. 不祥事を防ぐ強い組織作り

  6. 突然辞めてしまう若手社員 どのように対処すればいいか

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る