閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

ワンマン上司では有能な部下は育たない

「頑固オヤジ」、「頑固ジジィ」ってどうですか?なんか苦手意識を持ってしまいませんか?人の話を聞かない、自分の言うことが正しいと思ってる。身内なら辛抱もしますが、これが他人となったらすぐにその人から離れたい気分ですよね。でも、まだどこかに「可愛らしさ」も感じれるのが『頑固』かもしれません。しかし「ワンマン」となると、少し様子は違ってきます。あなたは「ワンマン」な上司になっていませんか?

倒産を招いたワンマン社長

これは実話ですが、30代の男性が独立し会社を立ち上げました。才能豊かな男性は次々にクライアントを増やし、スタッフも数十人を抱えるまで成長したそうです。年収も10億が目前で、仕事自体は順調だったようですが、とかく「ワンマン」になりがちで、次々にスタッフが辞めていったそうです。

スタッフのミスは執拗に追及し、何事も自分の意見に服従させるその「ワンマン」さに、ついていけなかったようですね。結果、仕事も行き詰まるようになり倒産となりました。

マネジメントに必要な『愛情』

先の会社が倒産に追い込まれたのは、マネジメントに問題があったからです。上の者が下の者に『圧』をかけては、それこそ「恐怖政治」と似たものになります。これでは誰でも逃げ出しますよね。『愛情』のあるマネジメントをしてこそ、下の者はついて来ます。

当然「愛情=甘い」でないことは理解して頂けてると思いますが、上に立つ者としては、部下を『育てる』つもりでマネジメントしましょう。そのやり方であれば、たとえ怒られても、そこに『愛情』を感じることが出来ます。決して『押し付けない』事が重要ですね。

任せる勇気を持つ

有能であれば有能であるほど、出来ない人に「何でこんなことが出来ないんだ!」と苛立ちを覚えるかもしれませんね。「自分でやった方が早い」と、任せることをせず、ササッとやっていませんか?しかし、これでは部下は育つはずがありませんよね。有能なあなたに今一番必要なことは、「任せる勇気」かもしれません。

簡単そうに見えて簡単ではないと思いますが、でも、必要です。先ほどの倒産した会社の社長も、スタッフを、時間をかけてでも育てることが出来ていれば、ある程度任せる勇気を持っていれば、倒産と言う最悪な結果にはならなかったと思います。

まとめ

部下を育てる難しさは、誰もが持っている悩みだと思います。ただ言えることはマネジメントの方法を間違えると、有能な部下は育たないという事です。一歩引いて見るくらいの余裕を持ち、『愛情』を持って育てましょう。


自立した社員を育てる仕組みはこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 日報が重要な役割を果たす

  2. 勤務時間をマネジメントしましょう!

  3. 期待される管理職!!文化の醸成

  4. 新任管理職が心構えるべき3つのポイント

  5. 部長と課長のイチバンの違い。あなたは説明できますか?

  6. 無駄に長い会議を効率化するためには

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る