閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

PDCAを高速化しよう

PDCAという言葉は、ビジネスマンであれば一度は聞いたことがあるでしょう。仕事をする際の基本でPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字から来てきます。P→D→C→Aときて次のPに進み、このサイクルを繰り返すのです。ただし漠然とPDCAサイクルを回していても効果は限られています。高速で回すことで個人の成長も速めることができるのです。

仮説を立て考えながら動く

高速でPDCAを回すためには限られた情報から仮説を立て実行しながら検証を行います。考えながら行動することで結果がすぐに出るのです。もしその結果が失敗であったとしても、その失敗から学ぶことができます。そもそも人が行うことですから、全くミスが出ないなんてことはあり得ません。

逆に、考えてから動くことでリスクを減らしたいという考え方をする人もいるでしょう。しかし、技術や知識が陳腐化してこれまで出来たことが通用しなくなることは、今や珍しいことではありません。遅い決断自体がリスクなのです。
仮説を立てて動くことは個々の仕事の処理速度が上がり大きな成果を生み出すことが可能になるのです。

PDCAは短いサイクルで行う

月単位の目標をPDCAサイクルで回す場合、1か月かけて計画から改善まで行うのでは遅すぎます。この場合1か月の目標から1日の目標を割り出します。1日の目標が達成できているかどうか評価し達成できていなければ改善します。できる限り短いサイクルで行うことで、目標到達に不足があるかどうか、ずれがないかといったことを確認することができるのです。

また複数の目標があれば一つずつ試すのではなく、同時に複数の目標をPDCAサイクルで回していくことで効率的な処理が可能になります。
処理速度が速くなることは多くの改善点を見つけることになり仕事の質も上げることができます。

目標を数値化する

目標を言葉にしてしまうと、達成できたかどうかが分かりにくくなってしまいます。例えば、「部下の育成をするために指導を強化する」と目標に掲げたとします。
これではどの程度達成できたのかわかりにくくなります。何となくできたのではないかと思い込みミスが改善されないことさえ考えられます。

そうではなく、これを「責任ある仕事を任せて達成できたか(1回)」といったように具体的な数字に置き換えることで、成果が上がったかどうかが分かりやすくなります。

まとめ

PDCAの高速化は業務処理速度を上げ仕事の質も同時に高めます。これは考えながら業務をすること、ミスがあった時には改善するようチェックするからです。質の高い仕事は一段階高い自分へと成長させることができるのです。

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 若年社員に対する、早期の離職を防ぐための解決策!

  2. 環境の変化における組織改革

  3. 若手社員のモチベーションをどう上げていくのか?

  4. 若手社員とのコミュニケーションは取れていますか?

  5. 「ヤフーの1on1」を読んだ感想

  6. 勤務時間をマネジメントしましょう!

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る