閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

これさえできれば必ずステップアップできる

個人のステップアップは同時に企業のステップアップにつながります。それが一人の社員にとどまらず全社員なら、企業は大きな飛躍を見ることが出来るでしょう。では、どんな方法でステップアップを図ることが出来るのか…、ここでは最近良く聞く「目標管理シート(チャレンジシート)」を使ったステップアップの方法を説明したいと思います。

目標があればモチベーション維持が保てる

♪チャレンジ一年生~♪という歌が最近よく流れています。これもいわゆる目標管理シートを使った勉強法です。目標を立ててそれに向かって一つ一つクリアしていくもので、それがステップアップに繋がります。小学一年生だろうが、社会人一年生だろうが、目標があれば高いモチベーションのまま進んでいけるのです。「目標管理シート」の役割は、その高いモチベーション維持と取り組みの見える化にあります。

企業全体で取り組む

いくら高いモチベーションを持ってチャレンジしても、それをキチンと判断してくれる人がいなければステップアップはかないません。上司にあたる人は一定期間ごとに部下と意見交換をし、「目標管理シート」と照らし合わせながら、進捗状況を確認しましょう。できれば一か月ごとの面談が理想です。一人一人との意見交換の時間は短くてもよいので、それを習慣づけることが重要になります。「目標管理シート」があれば“できたこと・これからやること”が見えるので、次への行動が明確になってきます。

何を目標にするのか?

では、シート作りにはどのように取り組めばいいのでしょうか。まず、「目標管理シート」を作る際は目標を決めます。自分が何にチャレンジし、ステップアップすることを掲げているのかハッキリとさせ、いくつか絞り込むことが重要になります。そして、それに向かってどのような方法で進めていくのかを細かく明記することで、達成しやすくなります。

その際は、短期的ではなく長いスパンで考える方がいいでしょう。自分がどういう人材になるのかをこのシートで作り上げていくのです。そのための「目標管理シート」なのです。
また、企業側はこの取り組みを全社員に実施させ、企業全体のレベルアップを図れるように、企業側も「企業目標管理シート」を作成することを忘れてはいけません。

まとめ

企業のステップアップには、個人のステップアップが欠かせません。そのためには「目標管理シート」を使い、社員一人一人の将来を見据えてのスキルアップを図りましょう。これを活用できれば、社員の成長が見えやすく、モチベーション維持にもつながります。

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. ポイントを押さえた資料作成が社員研修には生きる

  2. 新人を教育するにはOJTの質を上げるべき

  3. 若手社員の育成に悩む職場のリーダー達が戦隊を組むべき理由

  4. 新人・若手社員を一流に育てる方法

  5. 人を育てる際に気を付けなければいけないポイントとは

  6. 人望のある管理職・女性リーダーとは

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る