閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

すぐにまるわかり!出来る人事評価基準

ビジネスでは「事業は人なり」といわれます。いかに立派な歴史や伝統を持つ会社でも、その伝統を正しく受け継いでいく人材を得なければいつかは衰退していきます。またどんなに完備した組織、新鮮な経営手法を導入しても活かす人材がいなければやはり衰退していきます。ですから、人材育成が企業活動の成否の分岐点です。人材を育成するには、社員のレベルを正確・明瞭に把握しなければなりません。それには、社員を評価するのに基準が必要です。その評価基準には、会社の未来がかかっていると言っても過言ではないのです。

成果の評価

成果の評価は基本的に、「業績目標到達度」「課題目標到達度」、そして目標を設定しない「普段業務成果」の3つに分類されます。まず期首に本人の能力に適合した目標を設定します。これは文書で示すのが一般的となっています。そして期末に評価を締め切り、結果を本人に伝えます。この成果に関する評価が会社にとっては一番大事な評価です。会社は、社員が成し遂げた成果の積み重ねで成り立っているのです。この評価には、会社の未来像が直接的に関係してきます。

能力の評価

能力については、「企画・計画力」「実行力」「対策立案力」「改善力」の4つに分けて評価します。これは、業績や成果の評価に対して上司が担当することが多いです。しかし、評価担当者自身の個人的感情や得損勘定で決定されることが多いため、しばしば人間関係上のトラブルが起こることがあります。そのため、私情を挟まず公平・平等に評価をすることが大切です。

態度の評価

これは「責任性」「積極性」「協調性」の3つに分けて評価をします。これも“能力の評価”と似た側面があり、業績や成果基準と比べてとかく軽視されがちな評価です。しかし、態度の評価は社員としての大切な一面もあるのです。

まとめ

人事評価には、会社の運用に直接関係ある業績・成果の評価と間接関係の評価に分けられます。どうしても数値化することが可能な評価に注目されてしまいがちですが、数値化が不可能な要素も大切です。人事評価は会社の「成績簿」のようなものです。個人的な感情を評価に入れず、評価される社員が納得の行く人事評価をするべきです。

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 独自の人事評価要素で他社との差別化を図る

  2. 人事評価を有効なものにするためには

  3. 管理職・幹部をつくろう!!

  4. 正しい人事評価のための5つの原則

  5. 人事評価制度でお給料が決まるのではない!!

  6. なぜ!?失敗する人事評価制度運営

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る