閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  2. コミュニケーションで大事なこと
  3. 組織にネットワークの力を!!
  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  6. 人事評価を有効なものにするためには
  7. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  8. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  9. 褒めて部下を成長させるコツ
  10. 教えて!『マネジメント能力』とは何?
閉じる

人財ラボ

規模の小さい美容院が生き残っていくためには

経営が厳しく悲鳴を上げている美容院は少なくありません。現状でも過密状態で年々増え続けていますが市場規模は減少傾向にあります。日本では人口減少が進行し今後ますます厳しくなっていのは間違いありません。

強みを生かせ

規模が小さければ大手と似た内容ではとても太刀打ちできません。あれもこれもと手を出そうとすると経営力に勝る大手が勝つのは明白です。可もなく不可もなく平均点では魅力を出すことは難しくなってしまうのです。そこで何かに特化した特徴のあるサービスを提供したほうが良いでしょう。

ある美容室では客の不満から値段を大幅に安く時間も短縮させて評判を呼びました。他店と差別化することによりそれまで足を運んでいなかった潜在的な客を取り込むこともできました。

従業員満足度を高める

現在美容院1店舗につき全国平均で2人が働いています。勤務が過酷で離職率が高い業界です。負担が大きくなれば接客にも悪影響を及ぼします。またせっかく育てた美容師がすぐ辞めれば採用コストが上昇し、経営が厳しい美容院にとっては大きな負担です。特に優秀な美容師ほど見切りをつけることも早く、顧客がそのままいなくなることもよくあります。客の満足度を高めるためにはまず従業員が気持ちよく働ける環境が必要です。

美容院では縦社会で厳しいのが当然の世界なのですが、そのような上下関係を排して従業員の定着率を上げて成功しているところも出てきています。ある美容院では横のつながりを重視した結果、コミュニケーションが活発になりどうすればお客が満足するか従業員同士で話をするようになりました。

客が来るのを待つのではなくこちらから訪ねる

内閣府による平成28年版高齢社会白書によると現在の高齢化率は26.7%、今後も高齢化は進み2060年にはおよそ4割に達すると見込まれています。そこで将来を見据え厚生労働省が後援でハートフル美容師を養成しようとする動きが出てきました。ハートフル美容師とは高齢者や障害のある人たちが安心して美容サービスを受けることができるよう知識・技術を身に着けた美容師のことです。

このような状況から介護が必要な高齢者を大切な客であると考え美容院で待つのではなく例えば介護施設に訪問するということも考えられます。

まとめ

規模の小さい美容院がこれから生き残っていくためには戦略が必要になってきます。弱い所を強化し平均点を目指すより強みを生かして大手や他店との差別化をすることが今後は必要となってくるでしょう。

 

経営者必見の助成金情報はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 優秀だがなぜだか敵を作ってしまう人とは

  2. あなたの言葉はなぜ伝わらないのか

  3. 美容師のスキル! 指名されるスタッフは?

  4. 現場がサービス向上を主導!!

  5. リケジョの強みを生かす!メディカル広告

  6. 管理職へ上る階段は職業によって長さが違う?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る