閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

成長する企業は「PDCAサイクル」ができている

 

「あなたの会社はPDCAサイクルが出来ていますか?」と聞かれ、答えられる人がどのくらいいるでしょうか?最近はこの「PDCA」の言葉もよく耳にするようにはなりましたが、それでもまだ定着はしていません。しかし、この「PDCAサイクル」で業績を上げている企業は沢山あるのです。今からでも遅くないので、「PDCAサイクル」がどういうものか、採用できるものなのか、一度考えてみてはどうでしょうか。

 

「PDCAサイクル」とは

そもそも「PDCAサイクル」とはなんでしょうか?これは業務を円滑に進めるためのマネジメントサイクルの一つで、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)の略です。簡単に説明すると、計画を作って、それを実行し、実行した結果の評価を出し、評価に沿って悪いところは直し、良いところは更に良くなるように改善していく、というサイクルです。

その改善をする為に次の計画を作り、それが実行・評価・改善へと、またサイクルが出来るのです。つまり…、エンドレスですね。

 

なぜ、「PDCAサイクル」がいいの?

先に“エンドレス”と書きましたが、このエンドレスな状況が、品質の維持・向上、または業務改善に繋がり、企業としての業績にも繋がっていきます。そしてこの「PDCAサイクル」を社員一人一人に意識させ実行させることが、企業としては重要なことなのです。上からの指示を待つのではなく、自分で計画を立てて実行することが出来るようになれば、個人の成長のみならず、企業全体が成長できます。

 

「PDCAサイクル」を上手く回すには

「ではひとまず計画を立てよう」と簡単に考えていませんか?Plan(計画)は、単なる“個人の目標”ではありません。「こういう風にしたい」「こんなことをしたい」とういうボンヤリとした計画では決して上手く回りません。まず必要なことは、明確な設定を立て、計画書を作る事です。その為には、「何をどうしたいのか」「なぜする必要があるのか」「何が足りないのか」など、リサーチをかけましょう。計画があやふやな物は、その先の実行も中途半端なものになりかねず、途中で頓挫する事が多々あります。

「PDCAサイクル」を上手く回すには、初めが肝心だという事です。

 

まとめ

あなたの会社の、現在の業績はどうですか?もし、芳しくないという企業で、まだ「PDCAサイクル」を採用してない企業があったら、試しに一度採用してはどうでしょう。企業だけでなく、社員の成長にも繋がるはずです。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 管理者への教育の実情とは

  2. 若い先輩の社員にやらせてみたい「OJTトレーナー」

  3. 新入社員への仕事の教え方で意識したいたった一つのポイント

  4. 中小企業が人材のレベルを上げるためには。

  5. 背中で教える人材育成。率先垂範、新入社員には仕事を見せろ。

  6. 新入社員を育てるための3つのポイント

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る