閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

不祥事を防ぐ強い組織作り

東芝の不正会計、三菱自動車の燃費詐称など企業の不祥事はなぜ起こってしまうのでしょうか。経営トップの姿勢、コンプライアンス意識の欠如などいくつかの原因が考えられます。メールの普及や職場で飲みに行く機会の減少などかつてより人と話す機会が減ってきました。このような風通しの悪さも原因の一つです。不祥事を防ぐためには風通しを良くすることも必要となるのです。

企業の人材が多様化している

かつての企業では働く人の多くが日本人男性でした。そこでは阿吽(あうん)の呼吸でやっていけたのです。しかし、現在企業の人材は多様化しています。女性や高齢者、外国人、また正社員だけではなく非正規社員も増えています。そのため職場での「分断」が起こりやすくなっています。

一体感を高めて風通しを良くするためには、積極的なコミュニケーションが必要になってきます。

 

働く人同士で普段から話し合うことができているか

コミュニケーションの必要性は職場に限らず言われることです。では実際に出来ているでしょうか。大事なことであると頭で分かっていても目先の業務に追われてしまうことはよくあることです。そのような状況を防ぐために、普段から意識的に話をすることが必要となってきます。

人と人とのつながりを大切にすることでお互いの信頼関係を高め、仕事のやり取りがスムーズに行くのです。コミュニケーションを積極的に取ることは、困ったことが起きたときの解決に役立ちます。

職場で何かトラブルが起こった場合でも適切に対応できるか

企業が不祥事により倒産あるいは巨額の損失を被る場合があります。このような事例も元をたどれば小さな問題であることも少なくありません。問題を起こさないよう上意下達の厳しい統制をしている会社では、何か起こったときに個人あるいは周囲の人たちだけで解決しようと隠ぺいする力が働いてしまうのです。

報道やインターネットで情報がすぐ広まる現在において悪い評判はあっという間に広まってしまいます。一度付いたイメージはなかなか取れません。問題を小さいうちに摘み取るためには職場の風通しを良くしておく必要があります。問題はあったとしてもオープンにみんなで語り合えるような雰囲気を作り解決に力を注ぐべきなのです。

 

まとめ

不祥事をきっかけに廃業することもあります。強い組織とは問題を起こさない企業ではありません。問題があったとしても適切にすぐ解決できる企業のことなのです。そのためにも職場の風通しは良くしておく必要があるのです。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. グーグルの社内システム

  2. 女性は怒ってる!!「私達から働くチカラを奪うな」

  3. みんなでコミュニケーションを取りましょう

  4. 上司が部下になる日

  5. バーベキューにも仕事にもそれぞれの役割がある

  6. 活力を無くし停滞している中高年を甦らせる研修のキーポイント

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る