閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  2. コミュニケーションで大事なこと
  3. 組織にネットワークの力を!!
  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  6. 人事評価を有効なものにするためには
  7. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  8. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  9. 褒めて部下を成長させるコツ
  10. 教えて!『マネジメント能力』とは何?
閉じる

人財ラボ

人事評価制度で失敗しないためには

社員が不満を抱えたり離職率の高い会社は概ね人事評価制度がうまく機能していません。会社の業績を上げるためにも人事評価制度を適正に運営していくことが必要です。そこでどうすれば十分機能するのかポイントを3つ上げたいと思います。

人を認め成長へとつなげる

人にはもともと自分を成長させたいという欲求があります。しかし組織の中で埋没し日々の業務をこなすだけになっている人もいます。これではまずいのです。

努力したときや成果を上げたとき多くの人は認められたいという気持ちを持っています。初めから何もかもできる人はいません。だからこそできたときは喜びも大きいし認められたいと思うのです。人事評価制度は罰を与えるためのものではありません。社員の成長を促しモチベーションを高めるためのものでもあるのです。そのためには評価は人を認めることを基本とすべきです。承認欲求を満たすことで意欲を持たせ成長へとつなげていくのです。

しかし高い評価をつけることが難しい場合もあるでしょう。そのようなときでもなぜこうした評価になったのか、どうしたらよいのかを伝えることが必要です。

企業が目指す方向性と社員の目指すべきところを一致させる

同じ企業に勤めていても人によって価値観はバラバラです。適切な評価制度を構築することで社員の方向性を揃えることができるのです。優秀なチームというのはまとまりがあります。バラバラなチームと一致団結したチームで大きな差ができるのは明白です。一人一人が同じ方向を向くことで組織は大きな力が発揮できるのです。

求める人物像を明確にする

従業員を経営者が求める人物像に成長させたいと思うならその仕組みが必要になってきます。求める人物像が明確でなければ評価者によって評価にばらつきが出てしまいます。自ら考えて行動する人を高く評価する人もいますし協調性を重視する人もいるでしょう。結局望むような人材に成長させることができないということになりかねません。このような事態を避けるために経営者はどんな人物が必要であるか明らかにすることが大切です。そしてそれを人事評価制度に落とし込みます。これにより目指すべき人物像が社員から見ても分かるようになるのです。

まとめ

人事評価制度次第で社員の働きや業績に良い影響を与えもするし悪い影響を与えもします。社員のモチベーションを高め成長を促しその企業の方向性や目的を伝え全社員が共有します。それらが現在の人事評価制度には不可欠です。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 会社を活性化させるための3つのアイデア

  2. 管理職・幹部をつくろう!!

  3. 独自の人事評価要素で他社との差別化を図る

  4. 人材アセスメントで注意すべきこと

  5. 裁判に勝つ契約書

  6. 人事評価の本当の役割は部下を育てるためにある

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る