閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

特化したスキルを取得でき、最高の環境で働ける会社

大小さまざまな会社が競い合っているIT業界。データベーススキルで他の追随を許さず、独自の地位を築き上げているという、働きがい実現ストーリーを満足させてくれる企業を紹介します。

データベースに特化した、他には負けない技術力が自慢

この会社では「データベース(DB)技術に特化した会社が少ない」と気付き、起業しました。DBは育成に時間とコストがかるので、特化しにくい状況だったのですが、逆に言えば需要はあり、供給がされてない状態だったのです。情報という財産がありますが、ITシステムが保有している情報(データ)を管理し簡単に抽出・活用できるようにする仕組みがデータベースです。

ITの様々な資格に受かると、資格取得手当を支給し奨励。ライバルも少ないので、飛び込む価値を見出して人材育成から取り組みました。現在では高い技術力を誇っている、プロフェッショナル集団となっています。高い技術と豊富な経験値を積んだ技術者たちが、クオリティの高いサービスを提供し、クライアントの信頼を獲得することで自社のブランド価値が高められている現実は、誇りに思えるところです。

「仕事と子育ての両立」が出来る働きやすい職場環境

子育て支援に優しい職場は定着率も高く、社員も働きやすい環境です。この会社では、特化したスキルや人材育成もさることながら、産休・育休の制度がそろっていて、環境が整っています。制度を活用して当たり前というルールが根付いているため、女性だけじゃなく男性も積極的に育児休業を取得しているのが、この会社の特徴と言えます。

次世代を育成し、企業の躍進に貢献

この会社の社員には、自分のスキル向上に役に立つと志望して入社し、10年目を迎えようとしている社員もいます。基礎をしっかり学んで活用することで、他に類を見ない希少価値の高い技術を身に付けました。一人前になるまで5~6年はかかったそうですが、DBの技術は多岐にわたるので簡単に身に付くものでもありません。

その点人材育成に力をいれているので、ジョブローテーションを上手くすれば、多様な技術を身に付けた人材が次々育ちます。DBのコンルティングという他ではなかなか経験できない仕事をチーム会社全体で、もっと関わって実力のあるものにしていきたいとの抱負があるそうです。

まとめ

このように、スキルを身に付けられ、働きやすい会社であることは、社員の団結力も高まり、社風も活性化します。社員が自社に誇りをもち、仕事に意欲的であるというこのような会社はこれからの社会に必要とされています。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 職場での世代間ギャップを縮めるためには

  2. 企業の面接担当者が気を付けるべきこと

  3. 女性は怒ってる!!「私達から働くチカラを奪うな」

  4. 労働災害発生時の会社側と社員の法律

  5. 話し方が上手くなるコツ

  6. 突然辞めてしまう若手社員 どのように対処すればいいか

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る