閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

働くことと食事の関連性

私たちが働くうえで、最も重要なのが健康管理と仕事に向き合う姿勢でしょう。とりわけ健康に関しては毎日の食事が重要となってきます。そこで、まず知っておかなければならないのが「食事と健康との関連性」です。私たち人間の体は、食事によって摂取される栄養素で構成されています。もし偏った食事や不規則な食事を摂り続けると、体調不良を招き健康面に影響がでるだけでなく業務に支障をきたす恐れもあります。私たちは健康で働けることが一番であり貴重な財産となります。今、企業ではこれまで以上に社員の健康管理と食への関連性を重視し取り組んでいます。

社員食堂に見える企業の思い

今、企業で導入されている社員食堂には様々な形態があります。幾つか例を挙げると、街にあるようなオシャレなレストランをイメージさせるものや、はメニューにカロリー表示がしてあって社員の健康志向に一役買っているところがあります。しかし、依然として変化に乏しい社食も存在します。それでは社食のメリット、デメリットをあげてみましょう。

社食のメリットとしては、真っ先に挙げられるのが料金の安さではないでしょうか。企業によって異なりますが、本人負担が外食と比較して約半分ぐらいのところが多いようです。次に多いのが食事時間の短縮や、職場でのコミュニケーションに利用できる点です。

社食のデメリットは、メニューが少なく選択肢が限られることで健康面の不安を感じることや、料理の味付けに変化がなく、本来の目的である食事を味わって楽しむということに欠けていることです。

現在の社員食堂の実態は?

今、社員食堂はただ単に食事の場に使用されるだけでなく、多目的ホールとして利用されることが増えています。福祉関係の施設などでは入所者のイベントなどに利用されますし、24時間体制で稼働している企業などではいつでも利用できるようオープンにし、従業員のコミュニケーションの場として大いに利用されています。

また、社食の本来の目的である「食の充実」については、現代誰もが気にする健康面に配慮した細かいカロリー表示やダイエットメニューを日替わりで揃え、その他にも色々なメニューを考案しランチの楽しさを提供しています。

また、今や誰もが知っているIT企業のトップである楽天の大社員食堂は、まるで巨大なショッピングモールのような外観と、オフィスがいくつも入るような広さの中で、和食、中華、カフェなどあらゆる料理を堪能することができるそうです。その質の高さは街の飲食街に引けを取らないどころか、それ以上の充実を誇っているそうです。

まとめ

一昔前の社員食堂のイメージは、メニューが少なく味は二の次、お腹が満たされればいいと言う程度のものが多かったのですが、時代や働く環境の変化と共に内容も大きく様変わりしました。今では社員の健康志向を意識したメニューの開発や、ランチタイムを楽しく過ごせる環境整備に取り組んでいます。

また、時代の最先端を行くIT企業の楽天などにみられるように、実に多種多様なメニューをそろえレベルの高いランチを提供しる企業も多くあります。このように快適な環境でランチタイムを過ごせることはリフレッシュに繋がり、業務にいい結果をもたらすことでしょう。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 「健康経営」で元気な企業に!

  2. 中間管理職はうつになりやすい!原因と自分を守るための方法

  3. 社員の「5月病」対策をお教えします

  4. 社員の健康と安全を守る

  5. メンタルヘルス・精神衛生状態を健康に保つ

  6. “S・M・A・P行動”で健康維持を

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る