閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

正しい人事評価のための5つの原則

「人事評価の5原則」というものがあります。「評価責任の自覚」「評価基準の遵守」「評価基準の明確化」「評価基準の理解」「公正な評価」以上の5原則を守って、評価する方される方双方の納得がいく人事評価が行われるべきです。

評価が上手くいくと会社の風通しもよくなり、それぞれが欠点・長所を認めつつ仕事に活かせることが、やる気のある職場へと導かれるのです。人を評価するのは、ほんとに難しいですが、5原則の基礎を遵守して、正しい評価に結び付けられると良いですね。では、どのような原則にのっとっているのでしょうか。

遵守と自覚の評価

まず評価について、1つ目に「評価基準の遵守」という基本があります。評価に対して原則を決めて、理解してもらっても評価する人が、その評価基準のルールを守って評価しなければ意味がありません。自己判断で行うのではなく、基準にそって評価のルールを守るべきです。

そして、2つ目に「評価責任の自覚」という大切なことがあります。評価者は評価を受ける人に対して責任をもたねばなりません。良くも悪くも社員の事を思い、育成に役立たるせるために評価するという気持ちを持っていないと、自覚のない上司から言われた部下は非協力的になるだろうと、考えておいてください。たまったものじゃないというところでしょうか。

この評価で部下の人生が大きく変わりますので、それなりの責任感を持って臨んでほしいという意味を込めて、自覚を持ってほしいことを原則に入れています。

明確化と理解の評価

肝心なのはどういった評価基準で、部下の資質を表すかです。あらかじめ明示しておくことが、社員にも納得してもらえるということになります。なので、3つ目に「評価基準の明確化」を入れ物事をはっきりさせなければいけません。部下をマネジメントするということは人事評価の手段です。何が望ましい行動か指示し、ひとりひとりに何をしてもらうかを明らかにするために、評価基準を明確化する必要があります。それには、企業が事業運営に貢献してもらうように導き、業績向上に意欲を持ってもらうように指導しなければいけません。

4つ目としては、この明確化された評価基準を本人に説明して内容を呑み込んでもらいます。「評価基準の理解」も大変重要で、指示や指導が明確化されているのに、本人の理解度が低ければ、内容もおろそかになり、意味の無いことになってしまいます。

公正な評価

5つ目に「公正な評価」が入ります。これは難しいことですが、人を評価するときに、評価者の悪意の判断が持ち込まれないように気を付けなければならないのです。評価者と部下の相性が合わなかった場合でも、不公正なことにならないよう、悪意の利用から守られなければいけないのです。

人事部からの面接を入れる等して、このような不公正を発見していくことも非常に大切です。関係する評価者も人事部門も注意深く運営する必要があります。確実な評価の結果、悪い結果がつくこともありますが、「不公正な評価」が悪意をもった評価者で行われたりする場合は、周囲の気遣いが必要です。

まとめ

企業には人事課があり、社員の平素の様子を観察して評価するという仕事内容です。その人事評価の方法には、5つの原則があり、この原則に沿って評価を行うことを遵守する必要があります。原則に忠実なほど、社員教育も上手くいきます。上記にまとめたように、企業の運営に5原則を役立てて人材育成を成功させてほしいものです。

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 人事評価制度の必要性

  2. 目標管理制度(MBO)で成功も失敗も!! システムを上手に活かそ…

  3. 人事評価を有効なものにするためには

  4. 人事評価に加点主義評価を使うメリット

  5. 人事評価制度は賃金を決めるためだけにあるのではない

  6. 会社を活性化させるための3つのアイデア

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る