閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

働きやすい職場に変える

人手不足が深刻化し、バブル期末期並みの状況になっています。一人一人の労働時間が長くなり、現場がピリピリしているところも少なくありません。風通しを良くするにはどうすべきでしょうか。

コミュニケーションを取りやすくする

多くの企業で職場に必要なスキルとしてコミュニケーションを挙げています。チームとして仕事をすること、人と協力しなければいけないことなどが理由です。

コミュニケーションを取ることで従業員同士の距離が縮まります。人間関係の潤滑油であり、職場の雰囲気を良くして必要な情報が行き渡るようになります。会議の時間が半分になったという話もあるほどです。多くの人と良い関係を維持しながら働くには、コミュニケーションが必須なのです。職場の上位者ほど部下を動かすため、率先垂範で積極的になる必要があります。

個人の「頑張りたい」という気持ちを応援する

独立を支援する企業も増えてきました。社員にとっても目標ができて、意欲アップにつながります。成功すれば企業にとっても頼もしい味方が増えることになります。双方にメリットがあり、win-winの関係を築くことができるのです。

独立するということは従業員に自信が出てきた証拠でもあるのです。やりたいと思うことを後押しすることは、人材の活性化を促すことにもつながります。

雰囲気が良くなれば技術の引き継ぎもしやすくなる

団塊世代が退職した現在、技術継承が問題になっています。貴重な技術を教えると自分の立場が危うくなると考えれば、先輩社員が後輩に技術を教えないことさえあります。これは企業としては避けるべき事態と言えます。

そこで技術を誰もが使えるようにマニュアルにすることが有効なのですが、困難な場合もあります。自転車に乗るのは慣れてしまえば簡単です。ところが、これを具体的に言葉で説明しようとすると難しいのです。

そこで活発に話し合うことが有効になります。お互いの考えていることが分かり、安心できるようになるからです。風通しを良くすれば、先輩社員から後輩社員へ教え合う雰囲気が出てくるはずです。技術の引き継ぎもスムーズに行われるでしょう。

まとめ

独立を支援することで個人の意欲を高めることにもなります。技術継承に関しても働きやすい環境を作ることが問題解決の第一歩となります。コミュニケーションは組織の潤滑油としてメリットも多く、働きやすい職場には必要です。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 武器は「女性と若手社員」! 成功する企業の取組みとは

  2. 会社に必要な‘盛り上げ役’

  3. コミュニケーションで大事なこと

  4. チームワークを良好にするために上司ができることは

  5. 社員による会話の重要性

  6. 社内でも社外でも通用する人材…今どきの会社が抱えるジレンマ

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る