閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

経営者・管理職に必要な技術とは?

経営者や企業における管理職の役割は職種によっても違いがあるものの、多岐にわたります。そのため随時、技術的に成長していかなければ後進の育成にも支障をきたす可能性もあるのです。

そのような問題が起きる前に経営者や管理職に必要な技術とは何かを考えてみたいと思います。

指導力を身に付ける

まずは「指導力」です。多くの人々を率いる為には「指導力」が必要になります。自分一人で行動することは簡単ですが、一つのチームとして意識を一致させ仕事に取り組む。あるいは問題に対処していくことが求められているのです。一人ひとりの意識の統一。それをもたらすことが「指導力」の真髄と言えるでしょう。

マネジメント力

そして「マネジメント力」が次に必要となります。意識を一致させるだけでは意味がありません。一体何故、同じ方向性を向いているのか、あるいは向かせているのか、という事を考えなければなりません。それは具体的な目標があるためなのです。その目標のために意識を一致させているという事を認識しなければなりません。「目標」の設定とその「目標」に到達する為になすべきことを、プロセスを設定することが必要となるのです。

手探りの状態で闇雲に進むというのでは「マネジメント力」があるとは言えないでしょう。工程やその進捗状況を随時確認し、目標に向かって推進していく。また、問題が起きればその都度的確な指示を与えていくことが重要になるのです。経営者や管理職にはこの「指導力」と「マネジメント力」の二つがまずは求められることになるでしょう。

まとめ

経営者・管理職など企業の指導者には「指導力・意識の一致を促すチカラ」と「マネジメント力・目標の設定とそれに向かうためのプロセス管理」が必要です。それを踏まえ技術の向上を促していくことが求められています。

 

経営者必見の助成金情報はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. サロン専売品は売り込むのではなく「ほしい」と思わせる

  2. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ

  3. 美容師の最終的な目標が変わってきた

  4. 厳しい時代を乗り越える強い組織の作り方

  5. 「改革」時代の到来

  6. 美容師が独立するためには

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る