閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 社員研修を改革しよう
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

話し方が上手くなるコツ

 

せっかく頭の中でいいアイデアが浮かんでも、それを上手く伝えられず相手から「???」と思われた経験はありませんか?話し方のテクニックを身に付けることで、こういう問題は解決できます。ではどのようなテクニックが上手く相手に伝わる話し方なのでしょうか。社会人になって、最低限必要な、会話技術のひとつとして、人と意思疎通の出来る話し方の3つのコツをつかんでください。

1・口から発する言葉以外にも大切なことがある

話し方の中でも、好印象を与えるスキルに、「ノンバーバル」という非言語的なコミュニケーションがあります。より良いコミュニケーションをとろうと思ったら、ノンバーバルな部分も意識して話した方がより相手と意思疎通がとれて、話し上手・聞き上手という事になります。人は、言葉だけではなくその人の持っている印象の中で、情報を読み取ります。声のトーン・仕草・表情・などが、大きな影響をもたらします。なので、非言語的なものは大切にしたいですね。割合ではノンバーバルは9割、バーバルのコミュニケーションは1割、という結果が提示されています。

2・表現は簡潔にまとめる

カッコをつけて相手の知らないような難しい言葉を多用しても、内容は伝わりません。分かりやすく、伝わりやすい言葉で簡潔に話しましょう。自分の意図が伝わっているか、言葉をリフレインして確認することも大切です。テンポよく、短く歯切れの良い話で興味を惹きつけましょう。自分の話し方次第で相手の注意力も増して、その結果、話の内容をより理解してくれるようになります。

3・相手の様子をよく観察する

コミュニケーションの大切なところは、相手の目線で話すということです。自分の言いたいことだけを一方的に話すのでは、相手の聞く態度も変わってしまいます。相手が明らかに無関心な表情をすれば、ちょっと落ち着いて話を切り替えたりするコツも必要です。相手の興味が失われていないか、顔の表情や仕草などで読み取れる能力を磨きましょう。また、相手に質問したりして場の雰囲気の仕切り直しなども有効です。相手が興味を持ち直したところで本題に戻って話を続けましょう。

まとめ

このような3つのコツを身に付けることで、対人関係もグッと良くなります。話の内容もより建設的になるでしょう。社員同士でスキルチェックしながら練習するだけで、社内の風通しも一段と良くなり、円滑な人間関係を築くことができますので、研修などにも取り入れていってほしいものです。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 離職率を下げるには何をすべきか?

  2. 部下とのコミュニケーションとは話をして終わりではない 言葉を適切…

  3. 企業の面接担当者が気を付けるべきこと

  4. 職場の満足感を高める‘働きがいのある’企業とは

  5. 社員による会話の重要性

  6. 中年社員のマンネリ化に喝!

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る