閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

管理者教育で古い殻を破ろう!

◎管理者は古い殻を破ることを期待される

企業で管理業務を担当している役職の人には、過去の日本の経済状態を肌で感じてきた人も多いでしょう。現在と過去を比べてみると、経済環境・社会制度・法律は、大きな違いがあります。それに伴い、ものごとを評価し、決断を下す時に必要な判断基準も変わってきます。ビジネスに関係した事で時代遅れの判断基準で仕事を行うと、会社に損害を出したり、社員の才能を生かせなかったり、倒産・廃業に結び付いた事例も少なくありません。これでは経営者が会社を改善したいと思っても、妨害をすることになりかねません。現代の会社は、独裁者のような管理者を望んでいません。まず、時代遅れの考えかたを捨て、時代の先を観察し、現代の流れに沿った考え方を身に付けましょう。

◎社員を養成する方針での管理者教育制度を構築する

これからの会社で問題視されているのは、社員のスキル強化です。それには管理者自ら“にわか講師”となり、それになるためのスキルを持つ事が重要です。それと部下のやる気を下げない為に、人間関係を強化する必要があります。ひと昔の管理者は、部下にただ単に、命令を伝達するだけの“人の値打ちを考えない管理者”でした。そのような「ひと昔」タイプの管理者では、会社に新しい風を吹き込む管理者になり得ません。

これからのビジネスは、会社を取り囲む環境に沿って運営しなければなりませんし、管理者・社員もまた、会社環境に沿った人間関係・社内教育制度にしなくてはなりません。時代遅れの考えでは、会社は成長出来ません。会社が伸びるためには、管理者・社員は新しい価値を持つ事です。管理者は現在の価値観を理解する教育を受け、また社員にも教育し、同時に人間関係を保つ事が重要です。管理者のスキルが高まり、会社も成長するでしょう。

◎まとめ

一般社会の高齢者に、現在にそぐわない考えをする人が後を絶ちません。特にその高齢者が管理者という役職の人だと、自分が在籍している会社の信用問題に繋がるかもしれません。一刻も早く、古い殻を脱ぎ捨てましょう。そして、新しい風を吹き込みましょう。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか

  2. 良きリーダーを育成する

  3. 気持ちを落ち着かせることで就労意欲を上げる

  4. 雇用延長の「年上部下」にはこう対応せよ!

  5. リーダーが心得ておくべき事とは!

  6. 新入社員が選ぶ理想の上司が、「ウッチャン」「水トチャン」という現…

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る