閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

管理者は教育で新鮮な思考を持つ

「古い」タイプの管理者はもう必要ない

管理者というポストに就く人は、後輩と比べて過去の経済状況の盛衰を見聞きした人も多いでしょう。今の経済状況は、ひと昔前とは大変違った状況です。そのため、その時の経済状況に合わせて会社・社員も変わって行かねばなりません。しばしば、昔と今とを比べて評価・意見する管理者が居ますが、これから会社の最前線において時代遅れの考えでは、業務や改善の妨げに成りかねません。今の若手社員は、昭和39年の東京オリンピックでチームを優勝に導いた監督のような“俺についてこい”タイプの管理者を、良い管理者とは考えません。そのような「古い」タイプの管理者の下に配属されると最悪の場合、離職に結び付くかもしれません。また、会社は、そのような管理者を望んではいません。では、どのような管理者を望んでいるのでしょうか。

メンバーを育成強化する管理者教育制度を構築する

これから会社が成長するための必須の要件は、社員教育ができる管理者を置くことです。それにはメンバーの指導・指示だけではなく、管理者自身が、メンバーを育てるには、何を・どうすれば良いのか、という事を管理者教育制度で学習することが必要になります。また、上司と社員の会話のフィードバックです。会話のフィードバックにて、メンバーのやる気が上がりますので、これもまた必須項目です。

ひと昔前の管理者は、指示・業務命令を伝達するだけの“子供の使い”のような上司が多かったのです。これでは企業は成長しません。世情が変わって行くにつれ、会社の方針・人間関係・管理者教育も変わって行かねばなりません。時代遅れの考え方では、会社も社員も時代の流れから取り残されてしまいます。時代の流れに一致した教育を受けることで、管理者のスキルも上がって行きます。

まとめ

世の中には時代遅れの考え方をあえて保持し、まるでヒーローのように振る舞う人が居ます。個人の範囲内ではともかく人間関係・会社の方針では、危険極まり無い事です。業務上のトラブルの元になりかねません。世間の考えと一致した管理者教育は、会社の成育でもあるのです。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 変革者の資質・能力が必要とされる

  2. 期待される管理職!!文化の醸成

  3. リーダーが心得ておくべき事とは!

  4. 雇用延長の「年上部下」にはこう対応せよ!

  5. 企業を辞めていく若手社員を減らすために、責任者が考えるべきこと

  6. 部下とのコミュニケーションとは話をして終わりではない 言葉を適切…

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る