閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

管理者への教育の実情とは

企業での管理的立場に立つ人物への教育と言うものは、なかなか難しいものではあります。しかし、実施した結果素晴らしい成果を残していることもあり、手を抜くわけにはいかないのが実情ではないでしょうか。ここでは、その教育のへの肯定的な意見をご紹介したいと思います。

その意見とは

社外の講師陣との対話や意見が聞けることは貴重な体験になります。同じ職場の人間からの意見は、どうしてもライバル視している人物からの意見との感覚があり、なかなか聞き入れられません。

また他の業種との関わりが新たな発想を生み、リノベーションにつながるのでは、との意見もあります。なかなか、自社内だけでは環境が変わらず、リノベーションにつながらないこともしばしばです。

科学的な教育手順というものは、実務にも非常に生かしやすく効果が出やすいとの意見もあります。また、教育者、上司との面談を通して課題の洗い出しを行っていくとさらに効果的です。

まとめ

肯定的な意見ではあるが、やはり社内の人間の意見より他の人々の方が聞き入れやすい意見と言うものがある。

リノベーションのためには、他の業種との関わりが必要なことも。

科学的な教育には実務に生かしやすいという側面も。

面談が成長のカギ。

さまざまな人々と関わり世間の広さを体感させることによって自分への評価を冷静に見直す機会を与えることができる。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. G-PDCAを設定し目標を掲げる。期限を定めて行動しよう。

  2. 背中で教える人材育成。率先垂範、新入社員には仕事を見せろ。

  3. 人を育てるためのポイントとは

  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう

  5. 褒めることで部下を評価する。上司が知りたい部下育成。

  6. 部下を育成する時の4つのポイント

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る