閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

『グループワーク』を使った研修が優れた新入社員を育成できる

あなたの会社の新入社員研修は、どんな形態で行われていますか?新入社員を一同に集めた講義方式でしょうか?それとも、小グループでの研修でしょうか?

最近よく聞く形態に、『グループワーク』と言う研修形態がありますが、実はこの方式を行う企業が最近では増えてきているのです。「小グループ方式と同じでは?」と思われる人もいると思いますが、内容は全然違います。

似た言葉に「グループディスカッション」がありますが、これとも違うのです。ではどこが違って、どうして増えてきているのか説明していきたいと思います。

◇『グループワーク』って何?

中・高・大学生時代に、文化祭の出し物を班ごとに分かれて決めたことがありませんか?

何を作って、どう展示して、どんな風に楽しんでもらうか。予算も担当の人数も自分たちで決め、実践したことがある人も多いはずです。

「グループワーク」とはまさにこれの企業版です。

◇「グループディスカッション」と何が違う?

「グループディスカッション」とは、与えられたテーマの下、それぞれが自由に討論することを言いますが、「グループワーク」とは単に意見を交換し合うだけではなく、その中から結論を見出す作業の事を言います。自分の意見を言って終わりではなく、話し合いながら一つの結論に向かうので、その過程にはリーダー的な人が生まれ、細かくリサーチをする人が現れ、計算の得意な人は予算の配分等に尽力するなどの、役割的なものが生まれます。

これが「グループディスカッション」との違いです。

仲間と試行錯誤しながら結論を見出していくのがいい所ですね。その中で自分に足りない所が見え、逆に長所にも気づき、仲間に配慮したり配慮されたりと、一つの目標に向かって取り組む姿勢ができます。

この行程が、研修を終え、いざ現場に配置された時にすぐに実践に役立つのです。

◇『グループワーク』の進め方は?

「グループワーク」をさせる主催者側は、いかにしてスムーズにグループワークをさせることが出来るかを考える必要があります。

いきなり新人に「グループワーク」をするようにテーマだけを振っても、それは無茶ぶりと言うもので、実のある内容になるとは思えません。

最初と最後は音頭を取ることが重要で、初めに進める上での最低限のルールやリーダー選定などをさせ、その上で取り組ませることが重要です。

最後のクロージングも忘れないこと。

◇まとめ

「グループワーク」を新入社員研修で行うことは、研修を終え現場に配置された時に、スムーズに業務に入っていける要素があります。

受け身の研修から、能動的に学ぶ研修への転換は、今後の企業の成長に大きく関わってくるかもしれません。
助成金を活用した人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか

  2. 日本の労働者よ!有給で仕事と生活の調和をとろう!

  3. イキイキと自分らしく働く女性になろう!!

  4. パイオニアの育成で大きく成長!!

  5. 優秀だがなぜだか敵を作ってしまう人とは

  6. 美容院/リピーターを増やす戦略

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る