閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 社員研修を改革しよう
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

人望のある管理職・女性リーダーとは

管理に携わる女性リーダーと言うスタンスは

管理に携わる女性リーダーと言うスタンスも、まだまだ世間には浸透はしていませんが、少しずつ理解されるようになりました。女性が女性ならでの特性を活かして、活き活きと働ける社会を創造できれば、今までの環境に風穴をあけることができ、より風邪通しのよい時代が来ることと思います。女性リーダーには期待が込められています。どう考えていけばいいでしょうか。

社員との信頼関係を深めて人望のある女性リーダーになる

女性リーダーの利点ともいえますが、周囲に慕ってくれる部下がいると、他の社員の信頼関係も築きやすく、人と人の関係性も比較的楽に構築できます。女性というだけで、リーダーの立場を評価しない、女性を認めない事が根底にある、といった昔ながらの企業も多数あり、納得できないこともありますが、周りにいる部下達の存在は大きな助けになります。部下を認めましょう。そうすることでいろいろな社員の強力をもらえるようになり、仕事もスムーズに遂行できます。自分の部下を認めることで、よりいっそう信頼関係が結べます。しかし、いきなり安定した関係は結べませんので、慎重に信頼関係を築き部下を公平に見てプライドを大切にしながら、実績に対して正当な評価をすることが人望のある管理職となっていきます。部下も認めてもらえることで、モチベーションもあがることでしょう。

女性リーダーの移り変わり

現代では働く女性が増え、社会進出を果たして活躍する女性も多く見られます。その働き方は、人生の転機によって様々な形態をとりますが、現代社会にはなくてはならない人材です。雇用の底を支えています。男性だけではなく女性リーダーという立場にたつ人も登場しており、現代の様相は過去とは異なった時代に突入しています。しかし順風満帆というわけではなく、暗雲も立ち込めている現実もあります。特に古き時代の風習が根付いている男尊女卑の日本社会は、まだ女性の立場は弱く職場内で、能力を認めてもらえないなどの不本意な思いを体験することも多々あります。まだまだ成熟していない現状だと思います。

まとめ

今まで述べたように、女性リーダーとして、権利を行使することに意義はあります。女性リーダーという立場を十分活用して、男女関係なく平等なチャンスを創造できる社内環境を創り上げたり、社員の家庭を大切にした、仕事のシフトを指示したりすることも可能です。管理職の業務を正確におこなうことが、人望につながると思いがちですが、本来女性リーダーを登用した目的は、人間関係の信頼感を高めることとか、チームで協力して仕事をするとか、そんな女性の利点をもって臨むことです。なので、女性リーダーは、独自の視点で業務に関わっていくということです。

実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 非正規社員の教育がカギを握る

  2. 人材育成のためにどのような研修をすべき?

  3. 人を育てるためのポイントとは

  4. 信頼関係を作って人を育てる

  5. 以前の常識は通用しない 新入社員の育て方にはコツがある

  6. オーナーが今一番聞きたい。新人美容師の育成法

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る