閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

管理職は社内のメンタルヘルスに気を配るべき

管理職に求められるメンタル管理

ストレス社会と言われて久しいですが、自分の職場内にストレスで、精神的に弱っている部下がいる場合を考えてみましょう。メンタルを病んだまま仕事を続けることは、心身への負担も大きく、やがて大きな心の病気につながっていきますので、早めの治癒へと導いていかねばなりません。無理を続けて自分の不調な状態に気が付かない社員もいますので、メンタルヘルスの重要さを社員に推奨していくことが大事です。

また、自分自身の体調管理に於いても率先してストレス管理をすることが重要となります。昨今は法令順守という風潮にあって、企業も社内規則を向上させようという意識が増してきましたので、管理職がメンタル管理に関して負担増になってきました。ですから、自分で仕事を調整して適度な休憩をとるなどして、休息心身の開放の時間など気を付けてとらねばなりません。

管理職の仕事

管理職ともなると、仕事のみでなく部下のメンタルの部分にも気を付けなくてはいけないとお話しましたが、メンタルヘルスとは心身の健康状態を表す言葉です。業務、また個人的な事情などで、心身のバランスを崩していないかどうか、ストレスチェックなどをして、こころの健康状態を管理する手助けをするのも仕事です。

自分がストレスを与える場合も

上司である自分が大きな権限を持っていることも承知しておかねばいけません。部下に威圧的な態度に出たり、大きな声での叱責などを行うと、パワハラ・モラハラと感じられることもありますので、気を付けましょう。身体的特徴などを侮辱する行為などもってのほかです。メンタルを管理しなくてはならない立場であることを常に意識して、自分が加害者になったりしないよう、注意しなくてはいけません。自分が部下であった時を思い出して、冷静に接するようにしましょう。

まとめ

メンタルは目に見えないものだけにやっかいですが、自分がされて嫌なことはしないというような心構えで、強いストレスを感じていると推察される部下に対して、言葉がけや負担にならない程度の仕事量を与えるなど、工夫して安定した環境を与えるように管理していきましょう。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. “S・M・A・P行動”で健康維持を

  2. 働くことと食事の関連性

  3. メンタルヘルス・精神衛生状態を健康に保つ

  4. 社員の「5月病」対策をお教えします

  5. 中間管理職はうつになりやすい!原因と自分を守るための方法

  6. 若手の不安をどのようにして払拭するか

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る