閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

「イマイチ」社員の改造

会社の人間として仕事のスキルが高いことはとても大切です。ところがその中には、仕事ができるのに「イマイチ」な社員というものがいます。清潔感が感じられなかったり言う事がコロコロと変わる人などがそうです。本人に悪気はなくても、周りの社員が不快に思うことを忘れてはなりません。ここではそんな「イマイチ」を直す方法について考えてみます。

清潔感を持たせる

よく職場でよれたシャツに曲がったネクタイ、そしてサイズ感ないスーツを着た人を見かけませんか?服装がだらしないとイヤな目で見られてしまいます。現代では女性の社会進出も多く、見た目にも気を遣っていかなければ、なかなか円滑なコミュニケーションというものが図れなくなってきているように感じられます。「人間は中身が勝負」…などという古い考えでは、自分の社内では通るのかもしれませんが、取引先の方たちからはどんな言われ方をしているのか…、頭が痛くなる問題です。

清潔感の無い者に誰が仕事を任せていきたいと思うのでしょうか。あなたの上司は、あるいは部下はあなたの人柄を知っているのでしょうが、他社の社員の方々はそんなことは知りません。まずは見た目から整えてみてはいかがでしょうか。

また、見た目はすぐに結果が現れるところでもあります。おしゃれに気を遣う社員がいるだけで女性の社員からの受けも良くなりますし、頼りがいのある上司像にも近づきます。見た目もコミュニケーションの一環として捉え、清潔感のあるスタイルを確立していきましょう。

朝令暮改では現場が混乱する

「イマイチ」な社員というものは、身なりについてだけではありません。朝令暮改といった「言うことに一貫性がない」というものも「イマイチ」な社員ではないでしょうか。それが上司ともなれば…。指示を出すだけ出しておきながら、終業時間になって作り直させるなどということがあります。これでは部下からの信用を失います。

無駄な時間は社員を疲弊させ、また会社も疲弊させていきます。「イマイチ」上司のおかげで一体どれだけの損失が生じているのでしょうか。確かに必要な改善はあるでしょうが、計画性の無い上司では部下だけではなく、組織全体に支障をきたすこととなるでしょう。

結局は会社がその「イマイチ」上司の尻拭いをしなければならなくなることを思えば、企業にとってその人物は大きなデメリットです。

まとめ

仕事は出来ても、「イマイチ」な社員から抜け出さなくてはコミュニケーションの円滑化は図れません。特に上司が{イマイチ」では困りますよね。「イマイチ」上司を抜け出すために、「身なりを整えること」や「計画性を持つこと」からはじめて行きましょう。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 活力を無くし停滞している中高年を甦らせる研修のキーポイント

  2. ストレスチェック未実施の企業に罰則はあるの?気になる効果は?

  3. 離職率を下げるには何をすべきか?

  4. 特化したスキルを取得でき、最高の環境で働ける会社

  5. 「ストレスの少ない職場」を実現するために

  6. グーグルの社内システム

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る