閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

管理職に必要とされる技術とは

当然ですが、管理職とは一般の従業員より技術や経験が格上でなければ務まりません。後輩たちの指導、監督といったことが必要になるからです。もちろん、技術力や経験だけがあれば出来る、というものでもありません。企業における管理職には、コミュニケーション能力というものが絶対的に必要です。それ無くしてはどんなに技術や経験があっても、部下や後進の教育が出来ないからです。

先を読む管理職

教育だけではありません。企業が描く将来像や今後展開するビジネスへの方向性を把握し、市場動向、その分析のための情報把握といったものも必要になっていきます。しかしそのような技術的な部分も、意思伝達ができなければ意味がありません。状況判断能力に加え、その分析をもとに成すべきことを明確化し、それを日々の業務に落とし込むことが出来る。そして、部下といった後進の育成に際しても、その状況分析を踏まえ指導できることが望まれます。

やる気を引き出す管理職

また、集団のやる気を引き出すのもリーダーとしての資質の一つです。部下や他の従業員との信用を築いていき、やる気を引き出してあげるのも管理職としての務めです。部下のミスに対してのケアや、業務に支障をきたしている場合は、その原因分析から解決にと集団全体に関わる業務を遂行することが求められます。問題が顕在化する前に未然に解決する、また顕在化した問題には早急な解決をしていける管理職が必要とされています。

まとめ

このように管理職に求められることは多岐にわたります。しかし、それらもすべて「企業全体の業績向上」のためのものであることを忘れてはいけません。単なるクラブ活動のリーダーではないことを意識してもらいたいところです。企業の発展のためには教育が必要です。そしてその教育のためには情報収集能力、分析能力、それを伝えるための意思伝達能力が必要です。従業員一人一人のやる気を引き出し、前向きに業務に取り組む姿勢を絶やすことなく監督することも同時に必要なのです。

 

助成金を活用した人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 企業を辞めていく若手社員を減らすために、責任者が考えるべきこと

  2. 信頼される上司になるための6つのポイント

  3. 経営を成功させる能力!!リーダーシップとは

  4. リーダーの育て方

  5. 21世紀を駆け抜ける企業作りを

  6. 部下への要望は「理解させる」と「納得させる」が重要

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る