閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

美容院の種類と経営形態の紹介

 

全国には、思っているより多く美容院が存在します。ここではどのような種類や経営形態があるか、紹介します。様々な経営形態を知る中から、一日を仕事に費やしたい方、自分の時間は確保したい方、安定を求める方、ばりばり働いて稼ぎたい方と、それぞれのニーズに合わせて就職活動にお役立てください。

低価格美容院

業界売上の大半を占めているのがこの低価格美容院です。大変格安なので、手軽に通えて身近に感じられるサロンとなっています。カット1000円、パーマ・カラーも手ごろ。ショッピングモールや駅構内、商店街と場所的に利便性があり集客能力をあげています。

確実に安定して稼ぎたい方に向いていて、給与は高く福利厚生・社会保険などがしっかりしていますので、会社員並みに稼ぐことが可能でしょう。

夢を追いかけて就職する場所ではなく、若いころに働いていた腕を活かしたい方や、全ての美容師経験があり、あとは安定を求めるという方に適しているサロンだと思います。顧客は、高齢者・サラリーマン・ファミリー層などで、若い女性で流行のスタイルを目指す女性などは多少敬遠します。

お店の利益率はそこまで高くなくても、店舗数は数百構えており、業界トップの実績があります。経営としては戦略的に成功を収めているといえます。

小さい美容院

個人事業主の方が多いので、残念ながら福利厚生・社会保険は望めません。こぢんまりとした美容院で、美容師の人数も3人くらいまでです。美容師として就職すると、しっかりと教えてもらえ、アシスタントでもレッスン中は進捗状況の把握をしてもらえますので、丁寧に技術を磨きたい方にはおススメです。

一日にこなせる顧客数は決まっていますので売上が大幅に上げることはありませんが、お客様との親密度は深く、なじみの方がリピートして通ってくれます。効率良く仕事をこなすのではなく、アットホーム的な職場を目指したい方に向いています。

中くらいの美容院

店舗の数が多いだけにその競争率は半端ではなく、価格破壊などもあって厳しい状況に置かれているのがこの中規模美容院です。チェーン店化して拡大を狙っている店舗もありますが、経営が必ずしも上手く行くとは限りません。

現在の美容院の形態として、一番多いのがこの中規模な美容院でしょう。人数も4人から10人くらいで、美容院によっては美容師それぞれに役職(チーフなど)が付けられています。

求職する美容師は、待遇に敏感です。完全週休2日制、社会保険完備、ボーナス、有給と望むものは多いですが、莫大な人件費コストで経営を圧迫するので、全てを備えているところは少ないと言えます。

スキルは営業前後の時間でチーム全員のレッスンを行い、テストや進捗状況の共有をします。結構ハードなレッスンでもあり、互いに競い合うのでスキルを伸ばしたい、技術がほしいと思われる方に向いています。センスを磨きたい、流行を知りたいなど、チャレンジしたいことが多い方には、最も適しているでしょう。また、美容師の多くがこの中規模美容室に就職しているといっていいでしょう。

まとめ

最近では、スタイリストオンリーのサロンも急激に増えてきました。上記で働くスタイリストのサロン移動も多く見受けられます。完全歩合と言う所に魅かれるのでしょう。働き方を決めるのは、人それぞれです。

迷った時は、自分でいろんなサロンを探索して、雰囲気を感じたり、美容師さんの話を聞いてみることも参考になっていいでしょう。何を目指すか、自分の中で納得した答えをもって、安定した店舗に就職するのがベストです。

 

経営者必見の助成金情報はこちら↓

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. サロン専売品は売り込むのではなく「ほしい」と思わせる

  2. 部下のマネジメントに悩む時に手にする書籍

  3. 織田信長並み(!?)の少数精鋭企業

  4. 外部から経営のトップを招くのが正しいのか

  5. それでもあなたは美容師になりますか?

  6. 中小零細企業、勝ち残る戦略は?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る