閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 社員研修を改革しよう
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

平等な働き方とは?

非正規社員が増加する中、正社員との“格差”が問題になっています。「働き方改革」や「同一労働同一賃金」など様々な政策が提言されていますが、一体どうすれば格差は縮小するのでしょうか?

ボーナスを与えても効果なし

最近は「同じ仕事をしているのなら、正社員だけでなく他の人にもボーナスをあげようや」という意見が目立ちます。確かにそうかも・・・と思ってしまいがちですが、よく考えてください。例えば今まで年収250万円で働いていたとします。そこに50万円のボーナスをつけるとします。これで年収は300万円に増えるのでしょうか??

もし本気でそう思っているのなら、相当幸せな方ですね。今の日本経済の状況を考えると給料を簡単に引き上げる企業なんてほとんど存在しません。じゃあボーナスはどうするのか。年収を200万円に下げればいいわけです。経営者からすれば「ボーナスは払ったよ♪」となるのでしょう。結局年収は250万円のままで何の解決にもなりませんね・・・。

スキルを上げ、ゆくゆくは正社員に

結局は非正規社員のスキルを充実させ、生産性を高めて給料を上げるしかないのです。その中から優秀な社員を正社員に登用することで問題は解決できるのです。とくに契約社員やフルタイムで働くパートさんは正社員と同等かそれ以上の仕事をしています。

こういった社員には、厚生労働省が実施している助成金制度を活用するなどしてOJTやOff-JTを積極的に行いましょう。すでに多くの企業がこの制度を使って利益のアップに成功しています。訓練中の賃金も保障されますので、是非1度お試しください。

まとめ

一番良いのは正社員に転換させる人数を増やす事ですが、それが無理でも訓練さえすればスキルが正社員並みになって業務高効率も大幅に改善されます。日本は豊かな国ですが、才能が埋もれていることが多いです。人材の活用をどんどんしていきましょう!

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 労働組合に加入することのメリットとデメリット

  2. 非正規雇用者のスキルアップを考える(第1回)

  3. 非正社員の教育を考える(第3回)

  4. 有期雇用労働者の訓練を考える

  5. 正社員転換制度における課題(第1回)

  6. 費用をかけずに社員を教育する

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る