閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

【厳選】ドラッカーのおすすめ本を3冊紹介。迷ったらまずコレ。

「失われた20年」を経てすっかり経済的に疲弊した日本。会社の経営も以前に比べ、とても大変なものになっています。「いつ倒産するかわからないという状況で、どうやって会社を存続させるのか」、「会社の未来を担う良き人材を育成するにはどうすればよいのか」という悩みが良く聞かれます。

そんな中、経営学やマネジメントに関して数多くの著書を残したピーター・ドラッカー氏に注目が集まっています。ドラッカーが初めて企業に関する本を執筆してから70年が経ちますが、現代の経営者たちに広く読まれています。今日は現代の会社経営に多大な功績を遺したドラッカー氏の本を3冊ご紹介します。

1冊目:「仕事の哲学」

この本(翻訳)はドラッカーが亡くなる2年前の2003年に出版された氏の名言集です。グローバル化が進んでモノの生産が急増している今、自分の能力を最大限に発揮して成果を出す必要があります。「仕事の哲学」はそんな時代に適した1冊です。

名言集だけあって他のドラッカーの著書に比べて読みやすく、大変多くの人に読まれています。逆に「ドラッカーファン」の人にとってはやや物足りないようです。それでも非常にためになる本で、構成もリーダーシップやコミュニケーションなど14の章から成り立っています。また各ページも「キーワードとその解説文」と分かりやすくなっています。

この本でドラッカーは、「これまでは大量生産の時代だったが、これからは生産性を上げねばならない。個人の能力が問われてくる」という内容を述べています。そして「企業の全員が個人の‘強み’を発揮して成果を上げるべきだ」という趣旨も述べています。人間はついつい短所に目が行きがちですが、ドラッカーはそんな考え方に警鐘を鳴らして長所を徹底的に生かすことを勧めています。

2冊目:「経営の哲学」

こちらも「仕事の哲学」と同じ時期に発売されました。「仕事の哲学」と同様名言集になっているのですが、中には50年ほど前の名言も含まれています。この本は経営の戦略やマーケティング、目標管理など現代の経営者に必要な知識が詰まっています。そして、この本の特徴的なところは、現代の経営者にグサッとくるような名言が並んでいることです。

これも経営の真理を突いているからなのでしょう。各ページに現代の経営者に必要な知識・取るべき行動が書かれていて、読み終わったころにはあたかも自分が実践したような気にさせてくれます。もちろん、誤解して受け止めている場合もありますので、何度も読み直して正しく実践しなければなりませんね。

3冊目:「イノベーションと企業家精神」

この本はドラッカーが1985年に書き上げ、翻訳したものは2007年に出版されました。イノベーションについては多くの人が書籍を出版していますが、30年以上前に出版したドラッカーはまさにその先駆けと言えるでしょう。

内容のレベルも高く、「そもそもイノベーションとは何なのか」という所から述べていますし、イノベーションを成功させるために注意すべき点もしっかりと書かれています。また、通常な企業の内部からの視点で語られるところをドラッカーは企業の外側からイノベーションについて論じています。これは「企業の変化は外部にいる顧客や社会の変化が求めているから」だということです。さすが、ドラッカーですね。このように、時代の変化や周りの要求を反映した上でイノベーションの方法を述べています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ドラッカーは早くから経営やマネジメントのアドバイスを行っていました。さすが22歳で博士号を取るだけのことはあります。この厳しい時代を乗り切るためにも一度ドラッカーの著書を読んでみてはどうでしょうか?

 

経営者必見の助成金情報はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 美容師の最終的な目標が変わってきた

  2. 美容院の過当競争を勝ち残れ!!

  3. サロンでの働き方の変化/過剰サービスからの脱出

  4. 「健康経営」で元気になろう!

  5. 生存競争が激しい美容業界

  6. 「健康経営」で元気な企業に!

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る