閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

信頼される上司になるための6つのポイント

職場における一番の悩みと言えば人間関係、中でも上司と部下の関係ではないでしょうか。実際双方に言い分があるわけですから、衝突も絶えないのです。ですが、人生経験は上司の方が豊富ですから上司の方から歩み寄ることは出来ると思います。今回は人間関係(上下関係?)を円滑にする方法を6つご紹介します。

1、敢えて嫌われ役になる

いきなり厳しい話ですが、組織の上に立つ者は目標を達成するために部下を統率することが求められます。例えば部下の緊張の糸が緩んでいる時は厳しく注意しなければなりません。このとき、どうしても‘部下に嫌われること’を恐れてしまいます。もちろん頭ごなしに怒ったり、体罰をするようなことがあってはいけません。

しかし、「毅然とした態度」は必要です。上司と部下が仲良くなると、「馴れ合い」が生じて組織が乱れていきます。これが続くと部下が上司に対して「ナメた態度」を取るようになり、そのうち言う事を聞かなくなってしまいます。こうならないよう、指摘すべき時は臆することなく指摘するべきと言えます。

2、褒める時は思いっきり褒める

その代わり、部下が成果を出した時は「よくやった!」と褒めてあげましょう。これもなかなか出来ないことなのですが、人間にとって「認められること」は何よりの喜びになります。また、「○○の部分が特に良かったよ!」と具体的にいう事で部下も「自分のことを細かく見てもらっているんだな」と思ってくれます。

ところで、よく「褒める時は大勢の前でする方が良い」と言われますが、大きな手柄でなければ1:1でもOKです。小さいことを大勢の前で褒めるのも少々不自然ですから、状況に応じて褒める場所を変えるのがいいですね。

「指摘する」ことと「褒める」こと。これら2つのメリハリがつけば自然と信頼関係が築き上げられることでしょう。

3、部下の個性を重視する

部下が同じプロジェクトに関わっていても、取り組み方はそれぞれ異なります。ですから画一的な指導法は良くありません。守るべきところは守ってもらう必要がありますが、ある程度は「好きに仕事をさせる」ことで個人の能力が開花するのです。

たまに自分の方法を押し付ける人を見かけますが、これは論外です。本人は「これが正しい方法だ」と思っているのでしょうが、正しいかどうかは1人ひとりが決めることです。ストレスが溜まっているときなどはついついやってしまいがちですので、注意しましょう。

4、時々目線を下げる

上司ともなればどうしても「上から目線」で話しがちです。これをすべて否定するわけではありません。実際に上下関係がありますし、部下を統率するには「オレについてこい!」と姿勢も必要です。

ですが、これだけでは「近寄りがたい上司・イヤミな上司」になってしまいます。そこでたまにはプライベートの悩みを聞くなど目線を部下と同じにすることも大切です。他愛もない話をすることで親近感が湧いてきますし、部下が仕事のことで疑問がある時に上司に質問しやすくなります。ここでも「上下関係」と「同目線」というメリハリが必要ですね。

5、仕事の依頼にも配慮を

特に管理職は部下のマネジメントをするため、仕事を割り振っていく必要がありますが「これをやりなさい」という感じで押し付けるのはNGです。また「面倒な仕事は部下にやってもらおう」という考えも危険です。面倒な仕事ばかりを押し付けていると部下もそのうち気づきます。そして、「なんて器の小さい人なんだ」と思われてしまいます。これが続くと逆に部下から見下されてしまいます。これでは組織はガタガタですね。

‘器の大きさ’も上司の見せ所です。仕事を割り振る時はなるべく部下の得意そうな仕事を回してあげましょう。決して簡単な仕事ばかりを与えるというものではありません。部下の能力を見極め、最適な仕事を与えるのが良い上司のお手本なのです。

6、全責任を負う覚悟が必要

最後に、自分で責任を取る覚悟について。上下というものは自分の範疇において責任を負っています。例え部下が失敗を繰り返し、内心腹が立っていても「構わん。責任はオレが取る!」という気概が必要です。ここでも器の小さい人は「○○君はよく失敗するからねぇ」と責任を部下に押し付けます。このような上司には退場していただきましょう。

人の上に立つということは、やりがいもありますが実際は「しんどいこと」の方が多いです。しかし、それを乗り切る人でないと上司は務まりません。部下からの信頼を集めるためにも責任をしっかりと持って「カッコイイ」上司を目指しましょう。

まとめ

こうしてみると上司になるのも楽ではないと思われるかもしれませんが、頑張れば実践できるのではないでしょうか。部下のためにいろいろ我慢する場面も出てきますが、それを通じて上司自身も成長できるのではないでしょうか。是非良い職場作りを実現してください。陰ながら応援しています(^_^)

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 管理職に必要とされる技術とは

  2. 変革者の資質・能力が必要とされる

  3. リーダーの育て方

  4. 現状によって変わるリーダーシップのスタイル

  5. 21世紀を駆け抜ける企業作りを

  6. リーダーとしての認識は教育で学習する時代

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る