閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

ミドル層をうまく使いこなすことが企業活性化の鍵を握る

ミドル層の意欲を高めるには

バブル期に大量に採用された人達がミドル層に入っています。この層は厚いのですが下の世代は就職氷河期の採用抑制のため少なくそのため部下や後輩の育成経験が乏しくなっています。また上の世代のポストは詰まっており意欲を持ちにくいのが現状です。彼らを活性化する必要があります。今のままだと将来危ないと思ってもらうことが大切です。この先どうしたいか考えてもらわなければなりません。そのためには今後どうするか具体的に夢や目標を描いてもらいます。夢や目標を持つことにより彼らの意欲を高めるのです。

話し合うことでお互い刺激し合う

彼らの意欲を高めることは企業の業績を高めることにもつながります。しかし夢や目標と言ってもすぐには出てこない人も多いはずです。そのためには今後どう過ごしたいか、これからはどうしたいかをお互いに話し合う場を設けるのです。今モチベーションが低いからと言って最初からそうだったわけではないのです。彼らにも夢や目標があったはずです。それをもう一度思い出してもらうこと、新たに持ってもらうことが大切です。

まとめ

層の厚い彼らが生き生きと働くことはそこで働く人たちに大きな影響を及ぼすでしょう。低迷していると言われるミドル層ですが彼らの力を引き出すことが急務です。

実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 強力な組織づくりのためにどのような人材育成をすればいいのか?

  2. 今すぐわかる社内講師のメリット・デメリットとは。

  3. OJT担当者のためにも研修が必要である

  4. 研修の効果を測定する

  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう

  6. 『メンタルの強さ』があなたと企業の未来を明るくする

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る